ここから本文です

マルクスは何に金を浪費したのかお尋ねしたいです。

kmk********さん

2013/2/921:18:24

マルクスは何に金を浪費したのかお尋ねしたいです。

マルクスの浪費癖は有名である。マルクスの学生時代、父親からの手紙に「どんな金持ちの子供でも1年に500ターラーも使う者はいないというのに、お前は700ターラーでも足りないという、ああなんということだ(当時のベルリン市の幹部の俸給は800ターラー)」と記されていたという。ロンドン亡命後はエンゲルスに生活費を出してもらっていた(堀川哲著『エピソードで読む西洋哲学史』より)。またロバート・L.ハイルブローナー著の『入門経済思想史-世俗の思想家たち』にはこう記されている。「もしマルクスが折り目正しく金勘定のできる人物だったなら、家族は体裁を保って生活できたかもしれない。けれどもマルクスは決して会計の帳尻を合わせるような人物ではなかった。たとえば、子供たちが音楽のレッスンを受ける一方で、家族は暖房無しにすごすと言うことになった。破産との格闘が常となり、金の心配はいつも目前の悩みの種だった。」
今もロンドン市内のレストランの2階に旧宅跡が残る。
後にジョン・F・ケネディ大統領が「もしアメリカのジャーナリズムがマルクスの原稿料を値切らなかったならば、マルクスはあんなに貧乏しなかったろう。そしてあんな革命論など書かなかったろう」とジョークを言っている。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
720
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gra********さん

リクエストマッチ

2013/2/922:15:59

・・・・・マルクスは女中を雇っていて大食漢だったため肉やワインなどかなり援助されていた割にいいものを食べて旅行にも頻繁に行っていた・・・・・・。
とても社会主義を唱えた人物の生活ではなかったようです。
しかも妻子がいたので自分の放蕩以外のお金も必要で主に生活に困っていたのは妻子の方だったとか・・・・・。
マルクス自身新聞や百科事典などの原稿収入があったので援助だけで暮らしてたわけではないようですが・・・・。

質問した人からのコメント

2013/2/12 14:24:03

感謝 ありがとうございます。ケインズの実務能力は有名ですけど。マルクスはその反対だったみたいですね。
遺産を食い潰しながら生活し、それが尽きた後は資本家の友人にたかり続ける。後に記者の職を得たり、著書が売れたりもしたが、収入に見合わないアッパーミドルの生活を続けたために常に家計は火の車。親からは「資本の研究ばっかしてないで資本を稼いでこい」と言われる始末。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる