バイクのキャブレターを規格品から吸気部分が大型化した社外品を設置することによって、どのような作用があ

バイクのキャブレターを規格品から吸気部分が大型化した社外品を設置することによって、どのような作用があ バイクのキャブレターを規格品から吸気部分が大型化した社外品を設置することによって、どのような作用があるのですか。

カスタマイズ1,106閲覧

ベストアンサー

1

「吸気部分が大型化した社外品」というのはFCRやTMRのことだと思いますが、キャブの口径(ベンチュリー径)と言うのはエンジンの出力に大変大きな関わりがあります。 エンジンの要求するだけの空気を通せないとそれ以上の出力は出せません。 これがまず「大口径化」の一番の理由。 それでは大きければ大きいほど良いのか?と言うとそんな単純なわけにはいきません。 口径が大きいと、同じだけの空気が通るときの流速が下がります。 キャブレターを考えるときに「流速」というのはとても大切で、この流速が早いほど負圧は大きくなります。(ベルヌーイの定理) キャブレターはエンジンの吸気行程における負圧を利用してガソリンを吸い出しますから、負圧が小さいとうまくガソリンが吸えません。 以上が大まかな口径の話。 更に、FCRやTMRは純正の負圧式(CV)と違い、直引き式です。(いわゆる「直キャブ」) CVはライダーがコントロールするのはキャブのベンチュリーより下流(エンジン側)のバタフライバルブで、これを開くことによって負圧が高まればスライドバルブが開く。 対してFCRなどは、ライダーが直接スライドバルブをコントロールする。 CVはライダーが不用意にアクセルを開けても、エンジンが要求する以上には口径が大きくならないようにキャブがコントロールしてくれます。 こういうととても優れモノのようですが(実際優れモノではあります)、欠点もあります。 構造が複雑なため前後方向に長くなる。 吸気管長が長いとアクセルレスポンスが鈍くなります。 初心者にはとても扱い易いCVですが、上級者には自分の意志がダイレクトに反映されないという欠点もあります。 (この辺は自動車のATとMTの関係に似ている?) また純正キャブに比べてセッティング幅と細かさが段違いです。 初心者が直キャブを走らせるとガバ開けして失速させることは多々あるようです。 そんな走りでは当然燃費も劣悪ですね。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。専門的なことがわかりませんでしたので。大変わかりやすい説明に感謝致します。ご回答いただきました皆様に感謝致します。

お礼日時:2006/12/11 15:27

その他の回答(2件)