ここから本文です

浅野内匠頭の他に、殿中での刃傷事件ってあったんですか? どんな理由だったの...

chu********さん

2006/12/801:22:33

浅野内匠頭の他に、殿中での刃傷事件ってあったんですか?

どんな理由だったのかも教えて下さい。

閲覧数:
3,334
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ken********さん

2006/12/801:42:54

1628年8月
加害者 豊島刑部少輔明重(目付)
被害者 井上主計頭正就(老中 横須賀城主60000石)

1684年8月
加害者 稲葉石見守正休(若年寄 下館城主12000石)正俊の又従兄弟
被害者 堀田筑前守正俊(大老 山形城主110000石)

1701年3月
加害者 浅野内匠頭長矩(勅使院使御馳走役 赤穂城主53000石)
被害者 吉良上野介義央(高家肝煎)

1725年7月
加害者 水野隼人正忠恒(松本城主70000石)
被害者 毛利主水正師就(長門長府藩主50000石)

1747年8月
加害者 板倉修理勝該(旗本 7000石)
被害者 細川越中守宗孝(熊本藩主 540000石)

1784年3月
加害者 佐野善左衛門政言(旗本 新番組番衆 500石)
被害者 田沼山城守意知(意次の嫡子 若年寄 役料5000俵)

1823年4月
加害者 松平外記(旗本 西丸御書院番番衆)
被害者 本田伊織(旗本 西丸御書院番番衆以下同じ))
沼間右京
戸田彦之進
間部源十郎
神尾五郎三郎

詳しくは、URL参照
結構あるもんだ。。。
http://homepage1.nifty.com/SEISYO/ikon.htm

質問した人からのコメント

2006/12/13 15:49:37

自分も切腹を言いつけられるのがわかっていながら相手を殺害しようとするのは
自爆テロ的な発想なのでしょうかね。
何も殿中でやらなくても・・・と思うのは私が武士ではないからでしょうか??

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2006/12/802:08:01

殿中での刃傷事件は、結構あります。それ以外では増上寺等の殿中以外での刃傷事件があります。
因みに浅野内匠頭の母方の叔父も刃傷事件を起こしています。
で、刃傷事件の理由としては、浅野等の病気<乱心>によるものとそれ以外の遺恨によるものがあります。ここで云う浅野乱心説は彼の叔父も乱心で刃傷事件を起こしている事、癪か痞と云う潰瘍ともガンともとれる病気で有った事、ご馳走人と云う業務と病気で殆ど寝ていなかった事、吉良が事件の直前迄江戸にいなかった事、老人の吉良と違い年も若く、「武の家」と呼ばれている名門の出の浅野が吉良を突かずに三度も切りつけたのに仕留め損ねた事等をトータルで考え、導きだしたものです。あ、そうそう遺恨によるものでは、江戸城内の今で云うトイレで相手をめったざしに刺し殺した殿様がいました。

jon********さん

2006/12/801:33:25

殿中での刃傷沙汰が厳しい御法度<ごはっと>であることは言うまでもない。刀の鯉口<こいくち>を三寸抜いただけで、その身は切腹、家名断絶というきつい掟である。
明重はそれを取り締まる立場の目付役であった。しかも殺害した相手が遠州5万2千石の老中・井上主計守であれば、よほどの覚悟があったはずだ。50歳という分別ざかりであった。「武士に二言はない」と叫び、武士道をつらぬいた明重の生きざまであろうか。
江戸城内での刃傷といえば、この豊島事件から56年後に若年寄・稲葉石見守が、大老の堀田筑前守を殺害した事件。さらに17年経った元禄14年(1701)、ご存知の浅野内匠頭が吉良上野介に斬りつけた松の廊下事件がある。
「江戸城三大刃傷事件」と呼ばれる中で、実に最初の事件だったのである。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる