ここから本文です

小屋裏収納と塔屋の取り扱い

jerrygarcia96さん

2013/2/2701:02:35

小屋裏収納と塔屋の取り扱い

風致地区で第一種低層、40/100で、3階建ては認められていない地区に新築。
屋根裏部分に、小屋裏収納2分の1と、塔屋8分の1をもうける事は可能でしょうか。
出来れば塔屋部分の天井を高くしたいと考えています。

閲覧数:
594
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

qllpzzzさん

2013/2/2709:38:40

理屈では可能でしょう。
でも風致地区で高さ制限 斜線制限 形などなど
他に定めがありませんか。 きっと高さ制限が厳しいのかな。
建築基準法では可能でも その風致地区の定めが優先されますよ。
その結果出来ない可能性も十分あります。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

n_enjojiさん

2013/2/2701:57:06

できますが…

小屋裏収納とは文字通り構造的な小屋組の内側のことを指しますので
現実問題として1/2というのは意味を持ちません。
屋根(小屋組)の形状次第ではありますが、そんな大きな面積を確保することは
簡単にはできないものです。

小屋裏がある屋根では普通塔屋はできません。
屋上テラスの家では階段室としての塔屋があります。
両方を満足しようとすると屁理屈で建築指導課の担当を言い負かす必要があると思います。

一般的な解釈の範囲外で申請を通すにはあなたのために役所と闘ってくれる
建築士の存在が不可欠です。
大きな会社ではそういった屁理屈の話は避けますし
建築士が闘ってくれたとしても破れることもあるという覚悟が施主にも必要です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。