ここから本文です

温帯低気圧と前線についての質問です。 ①閉塞前線は低気圧の中心付近、温暖前線は...

moo********さん

2013/2/2820:57:16

温帯低気圧と前線についての質問です。
①閉塞前線は低気圧の中心付近、温暖前線は天気図の低気圧の中心の東側、寒冷前線は中心の西側にあるのは何故ですか?
②上記の3つの前線は、それぞれ天気のもたらし方に違いはあるのですか?
③等圧線の線と線との間隔が狭いと、風力が強いのは何故ですか?

閲覧数:
306
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

can********さん

2013/3/101:48:54


温帯低気圧のでき方と動き方に関連します。

温帯低気圧ができた時に、
北からの寒気と南からの暖気の間に、停滞前線も同時にできます。

その後、温帯低気圧は偏西風の影響で、東に動き始めますが、
真東ではなく、東北東から北東の方向に移動します。
ということは、だんだん北に行くわけですので、寒気が多くなります。

天気図に描いてある温帯低気圧付近を見てください。
暖気の方が、確実に少ないでしょ?

したがって、上に書いた停滞前線が、下の方に垂れてきて、
その間に、暖気が囲まれた形になります。

だったら、暖気が寒気を押していく前線(温暖前線)が東に、
寒気が暖気を押していく前線(寒冷前線)が西に、という形になっちゃいます。

さらに、温帯低気圧はその後も、どんどん北に行き、寒気が多くなります。
そうすると、寒冷前線と温暖前線にはさまれた暖気は、もっと少なくなり、
結果的に、寒冷前線が温暖前線に追いつくことになります。

こうしてできたのが閉塞前線なので、
閉塞前線は、温帯低気圧の中心付近になってしまうわけです。


①よりも、はるかにテストに出やすい話ですな。

温暖前線は、乱層雲ができるので、
長く弱い雨が降り、前線通過後気温は上昇、
風向は南寄りに変わります。

寒冷前線は、積乱雲ができるので、
短く激しい雨が降り、前線通過後気温は下降、
風向は、南から北寄りに変わります。


気圧の差が大きいからです。

等圧線と似た、等高線で考えてください。
等高線の間隔が狭い、ということは、
高低差が激しい、斜面の傾きが急である、ということです。

等圧線も、間隔が狭いなら、
気圧の差が大きく、空気の集まり方の差が激しいので、
その差を解消するために、風は強く吹きます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる