ここから本文です

ドラクエ竜王とほりいゆうじ おもえばラスボスドラゴンなのは1のみ。 妙。 ...

shikihhさん

2013/3/423:35:23

ドラクエ竜王とほりいゆうじ


おもえばラスボスドラゴンなのは1のみ。
妙。
もしかしたら10まで実は竜王がかくれてたりして
8はたしかにアレですが

1つくるときにほりいさんは1のことだけしか考えなかったんでしょうか


なんか夢ふくらむ
ぜひ3で竜王に会いたい

閲覧数:
980
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2013/3/609:39:17

こんにちは。堀井雄二さんや中村光一さんや千田幸信さんは、ドラクエ1を作るとき、1のことしか考えていませんでした。

なぜなら、当時、日本全国の子供たち(そして大人たち)のほとんどにとって、ロールプレイングゲームというものは、まったくなじみのないものだったからです。マリオが飛んだり跳ねたりする、そういうのを「ゲーム」だと思いこんでいた当時の日本人たちに対して、「ことばと数字だけで戦う」というまったく新しい形のゲームを提案したのがドラクエだったのです。

それはどういうことかというと、「みんながこの面白さをわかってくれないかもしれない」というカケだったということです。
ですから当然のことながら、ドラクエ1が売れなかったら、2は作られることはなかったはずです。

そして、あまり知られてないことですが、ドラクエ1は、いきなり大ヒットしたというわけではなかったのです。徐々に売れ始め、口コミで噂になり、少し時間をかけてヒットになっていったソフトなのです。やはり、理解されるのに少し時間がかかったのです。

堀井さんやエニックスにとって、ドラクエを売り出すことは、そういうカケだったのですから、当然、全力投球です。1を作るときには1のことしか考えていられません。1を作っているとき、堀井さんの頭の中で、アレフガルドは四角いあの広さかぎりのものでした。

しかし、いちおう夢として「仲間が何人もいて、職業があって、自分好みのキャラが作れるようなロールプレイングゲームを作りたいなあ」とは思っていたそうです。でも、前述の通り、日本人はRPGというものに触れたことがなかったのですから、いきなりそれではさすがに難しすぎます。さらにいえば、当時のファミコンのロムは容量があまりにも少なすぎて、それはできなかったそうです。もしドラクエ1が売れたら、その実績を利用して、パーティーが組めるRPGを作りたいなあくらいのことは、思っていたでしょうね。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。