ここから本文です

ワイングラスの違い

a_k********さん

2013/3/1317:59:47

ワイングラスの違い

赤ワインと白ワインのグラスって、フォルムは同じだけど、赤の方が大きいですよね。

なぜ大きさに違いがあるのか教えてください、お願いします。

閲覧数:
1,194
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

edx********さん

2013/3/1318:39:48

ワイングラスの大きさの違いは簡単にいうと
そのワインを美味しく飲む為に大きさを変えてるという事みたいです。

更に赤ワインでも白ワインでも品種によって選ぶ
ワイングラスが違うそうです

http://www.mercian.co.jp/wineseminar/special/glasses.html

こちらのページに色々な種類のグラスがのってるので

参考になればうれしいです(^^)

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

k_2********さん

2013/3/1621:40:28

スパークリング・白の場合はドライな物はタイトなグラスで。
ボリュームのあるものは大きなグラスで飲むのが基本です。
しっかり冷やした方がよりドライに感じます。そしてドライなワインは香りもさほど強くは無いのですが温度が低いとより香りも出なくなります。
香りが弱いので、タイトなグラスの方が香りを取るのにも向いています。
一方ボリュームのある白ワイン(例えばブルゴーニュのシャブリ以外のシャルドネ、ニューワールドのシャルドネなど)は大きなシャルドネグラスを使います。
こちらは基本的にはドライに飲む白ワインより温度を上げて12度位で飲むものもあります。
その場合ボリュームもあるし温度も上がるので香りを楽しむために大きなグラスを用います。

赤ワインもボリュームがあったり香りが強いわいんはボルドーグラス・ブルゴーニュグラスといった大きいグラスを使うとよりワインを楽しめると思います。
逆に安価なワインは小さいグラスで飲んだ方が私は落ち着いて飲めます。

少し極端かもしれませんが一流ブランドの高級スーツを着ていても足元に似合わないビーチサンダルを履いたら台無しなように、ワインにあったグラスを選んであげるとより引き立つと思います。

you********さん

2013/3/1511:19:16

赤ワインは空気に触れさせることにより味わいがまろやかになることがあります。

空気に触れさせやすいグラス→大きなワイングラス


白ワインは冷えた状態が美味しいワインが多いです。

空気に触れさせにくいグラス→小さなワイングラス


これは原則なのでワインの種類によっては違ってくる場合もあります。

wal********さん

2013/3/1320:47:27

ワイン一杯の量や、空気に触れる面積など、
ワインを美味しく愉しむ設計がしてあります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる