ここから本文です

連結会計での開始仕訳について

oij********さん

2007/1/123:00:20

連結会計での開始仕訳について

連結会計では、期首に「開始仕訳」をする場合は、利益剰余金期首残高として、連結修正仕訳では連結調整勘定消却高勘定と少数株主損益勘定を使い、「開始仕訳」をしない場合は、連結調整消却高勘定と少数株主損益勘定を、利益剰余金勘定にしてしまうようなのですが、2通りの方法があって良いのでしょうか?

閲覧数:
5,655
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ron********さん

2007/1/222:01:48

開始仕訳と、連結消去・修正仕訳の違いがご理解いただけていないような感じですね。
質問の意味は何度読んでも理解できませんが、
N期の連結消去・修正仕訳は、N+1期には開始仕訳と、実現の仕訳になるということです。
さらにN+1期にはその期の連結消去・修正仕訳をします。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる