ここから本文です

取引金融機関

sat********さん

2007/1/200:59:16

取引金融機関

会社が規模を大きくしていくと取引している金融機関も地銀から都銀に変わると思いますが、その切り替えるタイミングを教えてください。メリットなどあるのでしょうか。

閲覧数:
425
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sou********さん

2007/1/201:18:12

一つのタイミングとして考えられるのは、その会社が全国展開をするようになった時ではないかと思います。
メリットとしては、
1ロット10億円以上規模もの資金調達をする場合、都銀と取引する方が融資方法も多様であり、スムーズに融資を受けられる可能性が高い、
都銀は取引先が全国に及んでいるので、全国展開する場合には販売先の紹介など営業面でのメリットを享受できる、
やはり都銀がメインバンクであるのと地銀がメインバンクであるのとでは、世間の見る目が違う、
などというのがあります。

しかし、一方で全国規模の会社になっても、メインバンクは地銀のまま、という会社もあります。
その理由としては、業況が悪化した場合などでも、地銀の方が地元経済の影響などを考えて、手厚く支援してくれる、
地元経済の情報収集力、地元経済界とのつながりを考えると、地銀取引の方がメリットがある、
というようなことが考えられると思います。

都銀取引のメリット、地銀取引のメリットを考え、
都銀の一行と地元地銀に一行をそれぞれ並列メインバンクとしている会社も多いようです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2007/1/201:06:51

ある会社が業績が良くて営業規模が大きくなっていくと、取引先としてあちこちの金融機関が「うちの銀行にどうぞ。こんなメリットがあります。」「うちの銀行は融資の利率を安くします。」などなど営業にきます。
財務担当役員などが、各銀行のサービスを見比べて取引銀行を決めます。

切り替えるタイミングは、銀行側から営業をかけてきたときです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる