ここから本文です

Canon プリンター MP610 (エラーコード U052) プリントヘッドの種類が違います ...

h_wada88sportさん

2013/3/2018:20:09

Canon プリンター MP610 (エラーコード U052) プリントヘッドの種類が違います 正しいプリントヘッドを装着して下さいと
突然表示されました

電源(コンセントを外す)を切り リセット後 プリントヘッドを外し再装着しましたが 正常に戻りません 社外品のプリントヘッドではなく純正のプリントヘッドが購入時(新品)のままです ただ使用年数は7年~8年位です 自分で治せますか?

閲覧数:
153,126
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mb2sanさん

2013/3/2117:21:34

使いたい(現状のままでは使えない」とすれば
リスクを覚悟で自分と同じ様に「キレイ」にして下さい。
根気良く、また、普通にやれば動きます。
タダ、U052が出るようになったらご臨終が近い事も
理解して下さい。
私も1台目は廃インクパッドの限界でMP600は終命、
枚数で多分3万枚近くでした。インクの7eを4,5拾本持ってたので
今の機種をオークションで手に入れ、MP810にしました。
これはインクカートリッジで200本位でトラブルでU052,5200
、5100、B200など最初のカートリッジが判別出きないと云う所から
今は5200とU052の繰り返しです。
解消法は「キレイに」です。
①インクカートリッジは純正もしくはカートリッジが同じモノのリサイクル品
②カートリッジを外し、プリンターヘッドを本体から外す。
③インクで汚れてる底の1本と短い4,5本の溝の部分を塗らしたティッシュで
拭き取る、そうするとカートリッジと接する○部分のインク色が薄くなる。
④回りの黒っぽい(殆んど黒)インクも拭き取る。なるべく茶色のセル状の
部分は濡らさない方が良いかも・・私はジャブジャブだが・・
⑤濡れていたヘッドを拭き取りセッティングし①のインクを付ける
今までのインクが純正であればそのままで・・も
⑥電源オン。
同じだったら電源コードを抜き②~繰り返す。
⑦暫らく置きコードを差し込みスイッチを・・
駄目なら、コードを抜き一晩放置、そして⑦
それでも駄目なら「洗う」
⑧全部外しヘッドの○い部分に当たる様に水道の蛇口からの
水圧を調整し各○に何度かづつ当てる・・インクが流れ出て
色が分からなくなるくらいで終了。
キチット拭き取り(茶のセル部分に水分が残らない様に)
セットする⑤・・と云う繰り返しです・・
5200等のトラブルは緑とオレンジのランプの点滅になるので
電源コードの取り外し等の作業が必要になります。
以上・・するつもりがあれば、頑張って・・
私は毎日20枚くらいは動きます・・もったいないので使ってる。

「プリントヘッドの種類が違います」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sasuke000077さん

2013/3/2018:56:54

MP610 は既に今年07月31日で Canon のメーカー
修理サポート期限を終了します。
この期限終了後は仮に修理後同一箇所故障無料修理
保証期間が残って居る間に再故障しても。
メーカーの修理対応期限切れの場合修理は受けられなく成ります。
又同一箇所故障では無く消耗品の廃インクエラーが発生しても
このメンテナンスサービスも受けられません。
其れに加えて対応 OS バージョン現在 Win8 迄は何とか
Canon から専用ドライバーが MP610 は提供されて居ますが、
次期新 OS の Windows9 では専用ドライバーのメーカーからの
提供は修理サポート期間が終了して居る機種は受けられません。
MP610 の前機種 MP600 は去年07月31日の修理サービス終了後に
発売開始となった Win8 専用ドライバーは用意されませんでした。
WIn8 の次期 OS Win9 も 2014年11月発売開始の噂も聞かれます。
http://amaebi.net/archives/2037274.html
既にこう言ったリスクも有る事を修理延命される場合は十分考慮して下さい。
いくら過去に名機と言われて居た機種でも年式から来る
各消耗部品の劣化故障には到底勝てません。

既に Canon はプリントヘッドの個別販売を止めて居る為。
事実上は個人でのプリントヘッド新品交換は不可能です。

私なら先行きのシステム対応の不安も少ない
又時代に合った有線/無線LAN プリントサーバ標準装備で
ネットワーク接続主流の新型機種に入れ替えます。

2013/3/2018:51:38

プリンタヘッドが原因によるエラーです。
プリンターヘッドの交換で復活する場合がありますが、プリンターヘッドが原因でメイン基盤に影響が出て基盤の交換もしないといけない場合もあります。
MP610は、2013年7月いっぱいまで修理を受け付けてくれます。
修理料金は、持ち込みなら9,450円、発送ならプラス送料、出張修理ならプラス出張料が掛かります。
修理に出すと、内部は新品に近い状態になります。

最新のプリンターはインク容量が半分くらいになって小型化しているので、インクコストが悪くなっています。
その辺も考えに入れて修理するなり買い換えるなりした方がいいです。

tonehasiさん

2013/3/2018:30:24

MP610は既に製造終了から5年近く経っている機種ですが、Canonの中でも名機とされる優れ機種です。原因はプリントヘッドの劣化によるトラブルですから、修理に出してヘッドの交換以外に改善策はありません。今年の7月まで修理のサポートがありますので、このMP610に関しては、買い替えより修理に出すのが賢明な策になります。中には修理を批判する回答をする回答者がいますが、これらの輩はその実このMP610の入手が出来ない負け犬の遠吠えに違いないです。優れものの機種を廃棄することはありませんので、雑音は無視して修理に出して下さい。
また、事前にサポートへ電話をして、修理の確認をすることは必ず行って下さい。
http://cweb.canon.jp/e-support/rc/tel/reppersonal.html

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。