国連の常任理事国制度を廃止し、全ての議決を全ての参加国の多数決で決定し、 他の国に金や脅しなどで圧力を掛けた国には、5年間ほど議決に参加できないように厳罰な制裁を課すようにし、

国連の常任理事国制度を廃止し、全ての議決を全ての参加国の多数決で決定し、 他の国に金や脅しなどで圧力を掛けた国には、5年間ほど議決に参加できないように厳罰な制裁を課すようにし、 国連予算は、その国のGDPや人口や軍事予算などに比例して拠出させるようにし、 全加盟国に、その国に見合った軍事予算の最高額を課し、 紛争に介入する時などは、軍隊の規模や軍事予算に比例した軍隊を出させるようする、という案はどうでしょう。 国連本部も出来ればニューヨークからニュージーランドとかブラジルなどに都市に移した方が良いですがね。 国連本部がテロリストに狙われる可能性も低くなりますしね。

国際情勢498閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

国際連合に参加している国は、 自国にメリットがあるから、国際連合に参加しているだけであり、 デメリットが多かったら、参加しないだけです。 第2次世界大戦で人類は大きな被害をうけました。 もし、また次の世界大戦、第3次世界大戦が勃発した場合、 人類は滅んでしまう可能性があります。 国連の一番大きな目的は第3次世界大戦の勃発を防ぎ、 人類が絶滅することを防ぐことです。 そこで、人類を滅ぼしてしまいそうな強大な軍事力を持った国に、 常任理事国と拒否権という特権を与え、 代わりに、世界大戦勃発の阻止に協力するように、 働きかけたのです。 現在、アメリカ、ロシア、中国は人類を絶滅させてしまうほどの、 大量破壊兵器を持っています。 これらの国が対立し、全面戦争に突入しないように しなければならないのです。 仮に、常任理事国がなく、国連が軍事大国の意思に反した決議をしたとします。 軍事大国が受け入れられる決議ならいいのですが、 軍事大国がそれ受け入れられない場合、 国連の決議は無視されるか、 軍事大国が国連を脱退するという決断をすることになるでしょう。 国連の決議が無視された場合、 国連はその国に軍事制裁することができません。 軍事大国に対抗できるのは軍事大国だけであり、 軍事大国同士の衝突は世界大戦、人類滅亡につながる恐れがあるからです。 決議が無視された場合、国連の権威は大きく下がってしまうでしょう。 軍事大国が国連を脱退するのは恐ろしい事態です。 国際連合の前身である国際連盟は超軍事大国が次々と脱退していったため 形骸化して第2次世界大戦の勃発を防ぐことが出来ませんでした。 全ての国が平等というのが理想ですが、 現実には、軍事大国の意思を無視して国際政治を行う事は できないのです。 「拒否権」とは、そういった「現実を追認した」ということです。 現実を無視して、世界大戦を引き起こすよりは、 現実を受け入れた上で、よりましな、世界を目指そうということです。

その他の回答(1件)

0

その前に常任理事の仕事ができなかった中国に制裁を課すべきだ。