ここから本文です

TPP 薬価の自由化によって医薬品卸(MS)会社が受ける影響は?

dfu********さん

2013/4/1216:19:00

TPP 薬価の自由化によって医薬品卸(MS)会社が受ける影響は?

今は、医薬品の薬価は国が決めていますが、薬価制度の自由化が起こると製薬メーカーが自由に価格を決定できると考えています。
ここで質問なのですが、製薬メーカーが医薬品に高い価格をつけると、医療機関の仲介役である医薬品卸(MS)はどのような影響を受けるのでしょうか。

また、ジェネリック医薬品は、医薬品卸(MS)に利益の面でどのような影響を受けるのでしょうか。

回答よろしくお願い致します。

閲覧数:
3,387
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

avi********さん

2013/4/1219:25:34

薬品会社側を心配するよりも、受診を受けるわれわれの立場の方が心配。

TPP反対

【TPP参加は、現在の日本にある健康保険・社会保障・農業のすべてのシステムが根底から崩れ去ること】です。

お金のない国民は、現在のように医療を受けることができなくなります。

医療が受けられるのは、お金を持った人のみ。

ラジオの報道で、アメリカのことを教えてくれました。
*アメリカでは、(民間)保険に加入していないと救急車を呼んでも運んでくれないと言われていました。
救急隊員が、「(民間)保険に加入しているか?」と問われ、「加入していない」と答えたら「申し訳ないが、救急車で運べない」と去っていったこと。
*入院するのに、病院側から『(日本円に換算して)300万円まず、納入してほしい』といわれた人もいること。
*アメリカでは病院が株式会社化していて、利益にならないなら病名の病人の入院を拒み、利益(高額な費用があがる)がでる病の病人なら積極的に受け入れる。
*医療が受けられるのは、お金を持った人のみ。
*お産で入院するのも多額の費用がかかるので、お産の日だけ病院にいきお産し生まれたらすぐ当日退院する。
*韓国・アメリカFTAで、韓国は韓国の年金制度・医療制度が崩壊し、大変なことになっている。

TPP参加すれば、アメリカの医療関係に一番情報とノウハウのあるアメリカの保険会社が今以上に幅を利かせることになるでしょう。

富裕層の大金持ちしか、医者に通い治療が受けることができなくなります。

遺伝子組み換えの製品を、食べたくありません。

TPP参加すると、「遺伝子組み換えの表示」ができなくなるとラジオの報道で言っていました。、

【TPPは関税だけでなく、(日本でTPP参加国/日本がTPP参加国で)他国で自国の企業が支障なく自由に活動できるように『関税を含めたるすべての領域』の自由化】です。

『TPP』報道するとき、記者クラブ大手テレビ・新聞報道は関税だけの問題として封じ込めて報道されています。

公平な立場でするなら、競争はいいこと。
しかし、最初から片方が優位な立場で片方が不利の立場での競争はする必要なし。
TPPは、最初から片方が優位な立場で片方が不利の立場での競争だからする必要なし。

日本より国土の大きいメキシコ。
農業の主産業、トウモロコシ。
メキシコ・アメリカFTA締結後、約9割あったトウモロコシ農家が約6割に減ってしまったと、ラジオの報道で教えてくれました。
日本はメキシコより国土が小さい、国土の大きいメキシコの農業の現状から見ればわかると思います。

ISD条項があり、裁判所はどうせアメリカに置かれることでしょう。
アメリカの都合のいい結果になることは、決まっています。
これもラジオからの情報ですが、カナダがISD条項でアメリカを提訴するが46件中1件しか勝訴せず。
アメリカがISD条項でカナダをを提訴するとなぜか提訴された件は全部勝訴で、カナダは多額の賠償を負われているとか・・
農業だけでなく、ISD条項も医療・社会保障と同様に大問題。

アメリカ国内法が優先
ラジオの報道で、韓国・アメリカのFTA条項を例にして言っていました。
韓国・アメリカFTA条約の中で、韓国内でトラブルがあっても韓国の法律ではなくアメリカの国内法が優先されるとの条項があり、FTAが施行してから韓国が困っているとのことで・・
アメリカに都合がいいことですから、PPPにも同じような条項を入れるのではないでしょうか?

アメリカの高官が、現在のTPP参加国の担当者に【日本はすでに今のルールを丸呑みしている】・【関税についても話は終わっている】・【決まっているルールに異議申し立てはしない】と説明されているようで・・・安倍首相の聖域を守る発言と違うようで・・
(3/18の一部の報道で、教えてくれました。)
アメリカ高官が上記のように発言できるのも、交渉している(経済)官僚がすでにアメリカに伝えているのでいえるからでしょう。

韓国・アメリカFTAで、韓国の米は除外でしたが、FTA施行後にアメリカは米もFTAの適用するよう圧力を加えているとか・・・

政府・テレビ・新聞報道は、なぜか国民に知らせない(公表・報道)しないのはなぜでしょうか?

世論調査こそ、最大最悪の情報操作・世論操作・世論誘導の洗脳報道。
調査側ぼ都合にあうように、いくらでも結果を改ざん(変更)ができます。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1310366249...
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1210494036...

「記者クラブ大手テレビ・新聞報道が伝えることはすべて正しい、間違った報道はしない」と、考える日本人が大多数。

その点を突き、記者クラブ大手テレビ・新聞報道が、記者クラブ大手テレビ・新聞報道に都合がいいように情報操作・世論操作・世論誘導がたやすくできるのです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

chi********さん

2013/4/1217:30:26

日本の医薬品卸はという仕事はすでにかなり役割が狭まっています。薬のタイムリーデリバリーを含めたいわいる病院の倉庫としての役割、支払いサイトの調整をつうじたファイナンス機能がメインです。つまり実際には薬が高かろうが安かろうが取れるマージンに大差はないということです。TPPが入ってからといって日本の薬価制度がなくなるとは現状思えません。自由診療の拡大や混合診療の解禁がメインターゲットだと思います。その意味では取扱いが増えるので卸にとってはややプラス。ただし実際に増える薬剤はほぼ外国製なので日本の卸に大きなインパクトはないと思います。

一方ジェネリックはそれ自体は卸のビジネスチャンスです。実際問題膨大な種類のジェネリックを病院や調剤薬局が在庫として持つのは難しいので、卸のストッカーとしての機能にニーズはあります。しかしTPPで自由化だといちばんダメージがあるのも日本のジェネリックです。海外のジェネリックと日本のそれはかなり価格差があります。実際に規制緩和された場合、海外ものをうまく取り込めるところとそうでないところとでは差がでるかもしれません。

il_********さん

2013/4/1216:39:32

別にサプライヤー側なら高い医薬品にされたら流通末端の顧客(病院薬剤部や薬局)は買いたくなくなるでしょう。棚卸資産をぎりぎりにつめるとか、いろいろ工夫するでしょうね。

薬価自体は改定(基本下げる)されていきますから、必然的に競争に勝てない医薬品は値上げできないまま淘汰されます。

選択肢は1)販売価格転嫁せずに吸収する、2)価格転嫁することで末端に吸収してもらう(需要は目減りする、業界全体で値上げはしばらく出来ません(薬価で改定されない限り))、3)撤退するの何れかが基本です。仕入原価だけなら特別損益などに影響することはまずないです。

3はあくまで最後に考えるでしょうけどね。

後発品は別に企業ごとの戦略だから各企業ごとに異なるでしょうね。推進したいところは営業かけるだろうし、PRもポスターやCMを打ってきてるでしょう。先発品のみでチャレンジしているところは代替される有用な後発品の登場で特許の更新が必要になるでしょうね。その分市場はマイナーになるのが一般的ですからより単価の高いものへとシフトさせていきやすいとは考えますが、それが利益にどう直結するかなんて製造過程の問題もあればマーケティングをどうするかといった問題もあるわけで、一概に言えるわけがありません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる