ここから本文です

「永遠の0」に首をかしげる人いませんか?

hat********さん

2013/4/2523:25:35

「永遠の0」に首をかしげる人いませんか?

「永遠の0」は、ネットの感想を見ても絶賛があまりにも多くて、批判的な意見を書くと袋叩きに遭うような感じさえしますが、私は、この小説、「まがい物」だと思い、読み終えた直後、BOOK OFFに売りました。
知り合いが「一生、自分の本棚に置いておきたい本だよ」と言って勧めてくれたのですが、とてもとても…。

若い人達がこの本を読んで、戦争や特攻について関心を持つ“入門書”となった事については評価するのですが、この本の作者は、「作家として、この姿勢はどうなのだろう???」と、首をかしげました。

主人公宮部久蔵の回想話を長々とする元戦友たちの「経歴」の部分は、「創作」が許されない(=ある程度史実に沿うべき)部分なので、何かの資料の引用や合成だと思われますし、元戦友たちが話す宮部久蔵のエピソードは、ほとんど「大空のサムライ」坂井三郎さんの実話からヒントを得た話(というより、明らかなパクリ)だし、つまり、この小説の80%gが資料からの引用、転用、合成、翻案であり、残りの20%(宮部久蔵の孫の姉妹とか特攻をテロ扱いする記者など)が作者の「創作」ですが、それがあまりに浅薄でステレオタイプな感じがします。

坂井三郎さんがこの小説を読んだら、まあ怒りはしないでしょうけど、「うーん…」という感じじゃないでしょうか。
膨大な資料をまとめあげ、こういう物語を紡いだ整理能力は評価しますが、一歩間違えば「贋作」と紙一重であり、「何か違う」「これをやっちゃいけない!」という感じが抜けません。
しかも、この作者が「真似」ているのは、過去の名作(作品)でなく、「史実」なのです!

うまく説明できないのですが、まだ特攻の生き残りやご遺族がご存命な時代なのに、もう「特攻」を「感動もののエンターテイメント」にしているような……不謹慎な?感じがします。
ある意味、「戦争の記憶が風化したからこそ生まれた小説」ではないでしょうか。

当方、作者の百田さんと同年代のノンフィクション好きのおっさんです。
この小説に疑問を持っていますが、ネットにあまりに絶賛の意見が多すぎて、「自分の感覚の方がおかしいんだろうか?」と考え込んでいます。
どなたか、私と同じような感じを持った方はいませんか?

閲覧数:
519,495
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kou********さん

2013/4/2605:48:05

特攻という日本の長くて華麗な歴史に泥をぬるものを考案し認可し実行した軍上層部、司令官、部隊指揮官たちは、「お前たちだけを行かせはしない。最後の一機でオレも、、、」と言いながら、最後の一機どころか生き残って戦後の平和で豊かな生活を楽しみました。そして特攻を美化し、特攻隊員を神格化した本を書いてカネをもうけ、軍人としての自分たちの無能・無責任を隠そうとした。この「永遠のゼロ」もそんな路線の継承の様に感じられます。そして質問者さんのおっしゃる様に、いろんな戦記ものをかき集め、そのカッコいいところをつなぎ合わせたもの、、、そして著者自身の考えで書いた部分は、おっしゃる様に突然レベルがぐっと落ちる。そんな感じがします。

この本がものすごく人気を呼んだのは理解出来ます。世界のどこの国でもそうですが、国民が自信を失ってくると右傾化します。日本は東北大災害や中国、韓国、北鮮問題などを抱え、60年以上の平和ボケの日本人はどうしていいのか分からなくなっている。そういう時にこんな本が出てきたら飛びつきますよ。日本はすごい、日本は大したものだ、、、。別に日本の悪口を言いたいのではありませんが、過去の栄光にすがるのはどうかと思います。零戦自体はすばらしい飛行機で日本国民が誇りに思うのは当然ですが、あの戦争自体は日本の侵略戦争であり、国民はその侵略戦争を実に惨めに戦わされて地獄を見ました。それを美化してはいけませんね。

戦争の記憶が風化、、、そんなものはとっくに風化していますよ。戦後、国民がやっとメシを食えるようになった途端に忘れ去られました。そして今の平和ボケ。まあボケてもいいから平和がいいのか、少々厳しくてもビシッとした方がいいのか、難しいところですがね。「黒い雨」は本も読んだし映画も見ましたが「永遠のゼロ」とは次元が違いますね。作者の動機がまったく違うような気がします。

質問した人からのコメント

2013/4/26 07:46:11

笑う わー!ありがとうございます!「色んな戦記物のかっこいい所をつなぎ合わせたもの」、まさにその通りです!「作者の動機がまったく違う」まさにその通りです!!この作者は、エンターテイメントが目的で書いている!!「特攻」という題材を娯楽小説のネタにしている!やっと同じように感じた人が見つかったから言いますが、この小説、正直、私が今まで読んだ本の中で最低の本です!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

cra********さん

編集あり2013/4/2601:02:08

浅学、若輩ながら、失礼いたします。
失礼ながら、質問者さんは「黒い雨」をお読みになったことがあるでしょうか。
井伏鱒二氏が、被爆体験を当時の悲劇が風化しないようにと「黒い雨」を書いたのは、1965年。原爆投下から20年という頃です。
この作品のおもなモデルは重松静馬の手記です。井伏鱒二氏は、そのほか3000点以上の資料を駆使し小説として書き上げました。井伏氏はご自身で『重松日記』を引き写したことを示す実例を挙げ、「私が書いた『黒い雨』は『重松日記』のリライトにすぎない」とまで言い切っています。
質問者さんは「「永遠の0」は、資料80%、創作20%。資料をまとめ上げて、小説にしたもの。作者が「真似」ているのは、過去の名作(作品)でなく、「史実」である」と言っておられますが、原爆被害を伝える小説の金字塔「黒い雨」は、まさに「永遠の0」と同じように、沢山の資料をもとに書かれた小説なのです。つまり、質問者さんがいう「まがい物」という誹りは、この名作にもあてはまってしまうことになります。
さて、この「黒い雨」は記録性と文学性において「どっちつかずだ」という批判をずっとうけ続けました。「ノンフィクションではない」「文学にしては記録的である」というのです。しかし、資料八割、創作二割は、ほぼ全ての歴史小説にいえることです。いえ、ひどいものになると「どんな資料をつかったらこうなるんだ」という歴史歪曲に成り得るほどひどい歴史小説もあります。

また「まだ特攻の生き残りやご遺族が存命なのに、もう「特攻」を「感動もののエンターテイメント」にしているようで、不謹慎な感じがする。「戦争の記憶が風化したからこそ生まれた小説」ではないか」と書いておられます。「もう小説にしている」というなら「黒い雨」が新潮に書かれたのは、前述のとおり1965年で、原爆投下からまだ20年しかたっていません。それでも井伏鱒二氏は、風化を恐れたのです。
一度、「黒い雨」を手に取り読まれてください。平和な日常と原爆被害の惨状。その対比は生々しく、娯楽小説のように読める手法は取られておりません。よく戦後20年で書いたな、というものです。これは、未来に向けて書かれたものです。
「黒い雨」は、小説としては、心に重い作品です。若い人には是非読んで欲しい作品ですが、なかなか手に取りにくい作品でもあります。
「戦争のことを知りたいと思うきっかけが「永遠の0」だった」
そう思う若者が一人でもいたなら、そこから「黒い雨」「夏の花」に近づいて、戦争を考えてくれるなら、否定ありきであってはならないと思います。
最後に質問に書かれていることを読む限り、質問者さんの納得出来ないところはフィクション部分にあるようですが、ノンフィクションは事実。小説は架空。並べて比べることは、出来ないもののように私は感じます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる