太刀と刀の違い、模擬刀と模造刀の違いは何ですか?

太刀と刀の違い、模擬刀と模造刀の違いは何ですか? 今、日本刀について調べているのですが、イマイチ太刀と刀の明確な違いが分りません(++)また、模擬刀と模造刀の違いもです。ネットで模擬刀なのに模造刀と誤って表記しているものも多い、との指摘文もあったり。。。本当の所はどうなのでしょうか??

趣味1,273閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

日本刀では「太刀」(たち)と「刀」(かたな)を区別します。 太刀とは刃長がおおむね二尺(約60cm)以上のもので、平安時代以降に作られた反りの強いものです。 一方、刀とは太刀よりも短めのもので、太刀よりも後期に作られた日本刀です。打刀とも書きます。 なお、太刀と刀とで厳密に製作時期が分かれているものではありません。 太刀の使い方と、刀の使い方には違いがあります。 太刀は刃を下にして鞘を鎖などで帯からぶら下げます。佩く(はく)と言います。 一方、刀は刃を上にして帯に差します。帯刀とも言います。 一般的に刀匠は体の外側の面に銘を彫ります。(例外もあります) 太刀にせよ刀にせよ真剣を所有する場合には登録が必要です。 模擬刀とは、刃をつけないもので居合いの練習や鑑賞用のものです。所有することに登録は不用です。 一方、模造刀とは、日本刀の伝統的な製造方法を用いずに製造したもので刃をつけています。各都道府県教育委員会での刀剣審査では「日本刀に類似する刀剣類で、刀剣としての製作工程を経ていないもの」という扱いのため登録できません。したがって所持が出来なくなります。 http://www.touken.or.jp/q_a/index.html#4