ここから本文です

法人登記についての質問です。以前は代表者の住所、生年月日なども登記事項であっ...

shi********さん

2013/4/2812:10:35

法人登記についての質問です。以前は代表者の住所、生年月日なども登記事項であった気がするのですが、現在はそうでなくなったのでしょうか。

職場で同じ総務の仕事をしている後輩から、代表者の生年月日を聞かれ、「登記簿謄本のコピー、見たら?」と答えたところ、記載がないと言われました。 5年位前の謄本には記載があったと記憶しているのですが、法改正等で登記の必要がなくなったのか、それとも謄本(登記事項証明書)への記載だけがなくなったのか、先輩としてはっきり理解しておきたく、どなたかご専門の方、おしえてください。

閲覧数:
10,615
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ang********さん

編集あり2013/4/2821:05:43

以前も今も
代表者の「生年月日」は登記事項ではありません(住所は登記事項)。

ただし、「印鑑届」には生年月日を届け出ます。
代表者の印鑑証明書には生年月日が記載されており
印鑑証明書の交付請求書には生年月日を正しく記載しなければ交付されません。

kuchamaaさん
ドシロウトがいい加減な怪答は差し控えてください。

質問した人からのコメント

2013/5/1 07:51:00

降参 皆さん、丁寧な御回答ありがとうございました。

登記簿謄本へ生年月日の記載があったと思っていたのは、たしかに私の記憶まちがいだったようです。
後輩へも素直に私の記憶間違いであったことを素直に認めましたので、先輩としてこういうとき、どういう態度をとるべきかの道を示せたので、かえって信頼関係も深まりました。 衰えゆく記憶とうまくつきあいながら仕事を続けるためのいい勉強になりました。ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

s36********さん

2013/4/3023:37:49

たしかに,anglo_americanlaw_2さん の言われる通り,役員の生年月日は,従前から(今でも),登記事項ではないので,登記事項証明書,登記簿謄本を見ても載っていません。

印鑑証明書には,代表者の生年月日は載っていますが,印鑑証明書の交付請求書に正しく記載しないと交付されないことも,言われる通りです。

-----

1つ例外が有ります。

『株式会社の取締役が同姓同名のため,その取締役の就任,事後の変更登記申請書に氏名のほか,生年月日を記載して登記の申請があった場合には,申請を受理し,その登記の記載は,役員の氏名の下に生年月日を括弧書きで記載する取扱いによるのが相当である(昭和56年11月9日付け民四第6427号法務省民事局第四課長回答)。』
というものです。

役員の生年月日は登記事項ではないが,同姓同名の者がいる場合に限って,区別するために,生年月日を記載する取扱いとする,ということです。

-----

「5年位前の謄本には記載があったと記憶している」というのは,
①単純に,記憶の誤り。
②「登記簿謄本」や「登記事項証明書」と,「印鑑証明書」を,混同している。
③5年位前には,代表者と同姓同名の役員がいた(今はいない)。
の,いずれかではないでしょうか。

kuc********さん

2013/4/2815:27:47

登記簿に記録されている事項でも閉鎖されている事項は証明書に記載はされませんよ。
ですから、役員であっても、閉鎖されていれば、見ること、全項目を出せないと認識していますが・・・(専門ではありませんが、経験から)

専門ではありませんが、参考に出来れば。。。。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる