ここから本文です

アメリカハナミズキにカイガラムシが沢山、駆除の仕方を教えてください。

hon********さん

2013/4/2912:16:39

アメリカハナミズキにカイガラムシが沢山、駆除の仕方を教えてください。

3m程5年目の木で今年は花も2つしか咲かなく残念と思っているところで発見しました。 散布剤だと背が高く直接駆除もかなり
困難かと思う中、オルトラントの根から吸収するタイプを発見。効き目、木への影響など如何なものですか? 直接駆除も取り切れるととは思えず、散布も合わせどのように対処したらよいか教えてください。 また下が芝生なので散布で芝生の影響なども心配なのですが。 また今回花が2つしか咲かなったのはやはりカイガラムシのためですか?
宜しくお願いします。

閲覧数:
6,264
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

meg********さん

2013/4/2914:22:42

樹高3mだとオルトラン粒剤の地表散布では無理でしょう。

もうしばらくすると産卵し幼虫が孵化して歩き出します。そのときでしたらスミチオンなどを使えますが、そのタイミングを捉えるのが実際上難しいです。

秋冬の落葉期まで待って、マシン油乳剤なり石灰硫黄合剤なりを散布するのが常道です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

den********さん

2013/4/2913:42:19

花が少なかった原因は分かりません。
※日当たりとか、今までの水や肥料などの管理がどうかが分からないので

カイガラムシ駆除で、確かに根から吸収させるタイプの薬剤は便利です。ただ、それは鉢花や野菜の場合で、樹木に吸収させるのは無理です。草と木では、植物体の大きさが違いすぎます。
防除効果を期待できるほどの濃度まで吸収させることはできず、効果も期待できません。
※幹を削って、濃厚液を直接塗りこむ薬剤(スタークル/アルバリン)はあるが、家庭向きではありません。

カイガラムシ対策の第一は、冬の間に石灰硫黄合剤を散布しておくこと。
今すぐできる対策は、たわしなどでカイガラムシをこすり落として、マシン油乳剤を散布しましょう。
家庭用スプレー剤では「カダンK」が使えます。5月下旬~6月中旬頃はカイガラムシの繁殖期に入るので、この時期は「ベニカDX」も効果が高いです(幼虫への殺虫効果がとても高い剤)。幼虫には、他にアクテリック乳剤も有効です。なお、オルトランはカイガラムシへの効果はごく弱いです。
ちなみに、散布時はマスク、ゴーグル、雨合羽着用で、薬液が自分に掛からないよう注意しましょう。
いずれも毒性は低い薬剤ですが、薬剤散布の基本です。

http://www.jataff.jp/kaigara/bouzyo.htm

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる