ここから本文です

現在ATRAC128kbpsで曲を聞いているのですが音質的にどうなのかと思いこれからはmp3...

pin********さん

2013/4/2913:20:17

現在ATRAC128kbpsで曲を聞いているのですが音質的にどうなのかと思いこれからはmp3 320kbpsで取り込みをしようかと考えていますが、どのようなメリットがありますか?

ちなみにATRACとmp3なら

どちらの方が音質がより良いのでしょうか?
単純にウォークマンで一番良い音質で気軽に楽しみたいと思っています。
ウォークマン以外のオーディオに変えることはないのでそれも含めてお願いします。

閲覧数:
443
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

dua********さん

2013/4/2914:03:28

ビットレート的には2倍以上情報量が増えます
また、mp3はATRACに比べて汎用性が高いフォーマットになりますので、そのままで様々な音楽機器での再生が可能です

ATRACとmp3の場合、どちらも非可逆圧縮になりますので、音質は主にビットレートによって決定されます
例えば、今回の場合はATRACにおける「128kbps」、mp3における「320kbps」がビットレートとなります
簡単に言ってしまえば、この数字が大きければ大きい程情報量も増えるため、理論上の音質は向上します(同時にファイルサイズも大きくなります)
ですので、この場合の比較ならばmp3の方が音質は良いと言えます

ただ、ATRACの最高音質が352kbpsであるのに対し、mp3の最高音質は320kbpsですので、どちらも共に最高の設定を用いた場合は、ATRACの方が情報量は大きくなります


ちなみに、CD音源をそのまま取り出す非圧縮形式の一つであるwavのビットレートは1411kbpsです
つまり、ATRACやmp3は情報量を大きく圧縮する事でファイルサイズを小さくしているという事になります


そのため、「Walkmanで聴ける最高音質」を望まれる場合は、このwavファイルか、あるいはもう一つの圧縮形式である「可逆圧縮」のフォーマットを採用して下さい
Walkmanの場合はATRAC Advanced Losslessがそれに該当します
このような可逆圧縮形式は、音質は非可逆のままを保ちつつ、若干のデータ圧縮を行います
つまり、通常のATRACやmp3のような非可逆圧縮と比べるとファイルサイズは格段に大きいですが、wavよりは小さくて済むという事ですね


ただ、とはいえこれらの差異はそこまで大きく顕著に表れるとは限りません
特に、128kbpsと320kbpsの違いなどは、楽曲自体の品質や聞き手の聴覚、あるいは再生する環境などによっては「ほぼ違いが分からない」というような事も十分に起こりえます

CDから大きく圧縮しているとはいえ、その音質はある程度視聴に耐えうるクオリティを保つように考えられている(でなければここまで普及しませんからね)ので、少々ビットレートを上げただけではあまり効果を実感出来ないかもしれません

ですので、お気に入りの曲などを、一度様々な形式・設定で複数取り込み、色々と聞き比べてみて下さい
その中で「違いがある」「この音質が良い」と思える物が有ればそれに設定すれば良いですし、「上げても全然違いが分からないな」と思われるのでしたら、別に神経質に考える必要はないでしょう
数値上のカタログスペックだけでなく、ご自分にあった設定を見つけられる事をオススメ致します

質問した人からのコメント

2013/4/29 14:54:24

抱きしめる とても丁寧な回答ありがとうございました。
自分にあった方法を見つけたいと思います!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる