ここから本文です

葉隠の聞書第一なのですが、「相良求馬は御主人と一味同心に勤めたる者、一人當千...

ama********さん

2013/4/3000:13:53

葉隠の聞書第一なのですが、「相良求馬は御主人と一味同心に勤めたる者、一人當千の士」の現代語訳を教えて下さい。
あと、これの内容を要約して教えて下さい。

閲覧数:
379
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

天火明命さん

2013/5/502:10:13

ついでだし、回答。
「葉隠、聞書第一、七」は、
「相良求馬は、御主人と一味同心に、死身になつて勤めたる者なり。一人当千というべし」
「相良求馬(人の名前)は御主人(その時の鍋島藩主、誰かはご自分でどうぞ)と寝起きを共に心を共にして、自分自身を捨てて死んだ人のように、御主人への忠誠と忠義の働きをした者なり。この人は、ひとりで千人分の働きをした人物である」

要約、する必要はないだろう。

質問した人からのコメント

2013/5/5 19:07:12

降参 そうですね。
丁寧な解説に感謝します。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる