ここから本文です

借地権上の土地にある木が倒れ掛かっています。この木を伐採した場合の費用はだれ...

jyu********さん

2013/5/111:31:59

借地権上の土地にある木が倒れ掛かっています。この木を伐採した場合の費用はだれが負担するものですか?

もともとそこにあった木が大きくなったものです。
契約上では―
契約締結時に土地内に存在する樹木は甲(貸主)の所有であるから、乙(借主)は善良なる管理者の注意を持って保護し、除去または伐採に際してはあらかじめ甲の承諾を得なければならない。
とあります。宜しくお願い致します。

補足借主は善良なる管理者の注意を持って保護することというのは、倒れ掛かっている木を起こすことも借主として必要?
貸主の承諾があれば除去または伐採も可能…でも費用の負担までは記載されていないので受取り方によっては借主、貸主どちらもありなのでしょうか?これから先もお付合いが続くのでどうしたものか…もう少しご意見をお願いします。

閲覧数:
2,803
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jim********さん

編集あり2013/5/223:48:53

契約書に借地人の管理義務がうたわれているのなら、地主の許可を得て、借地人が自費で撤去することになります。

地主が許可をしない場合は撤去できませんが、その場合、樹木の倒壊で、何らかの被害が発生したなら、許可しなかった地主の責任を問えます。

ですから、伐採許可をもらう場合、後でもめ事になるのを避ける意味で、許可する場合でも不許可にする場合でも、いずれの場合でも文章による回答を求めた方がいいと思いますよ。それほど大げさなものでなくていいですから、自分で用意した許可するあるいは許可しないを選択できる文章に、日付と署名なつ印してもらってください。

(補足へ)

善良なる管理者とは、自分の家の木ならそうするだろう程度に、常識的な管理をすればいいということですよ。あまり深く考える必要はありません。倒れかかった木を、自分の家の木なら、起こして植え直すまでのことはしないと思えばそのように話してみることです。大家がなにかの記念に植えた思い入れのある樹なら自分で何とかするでしょう。

勝手に切ったと言われてトラブルが発生するのを防止するのには、簡単な許可証にサインしてもらっておけばいいでしょうね、という程度ですよ。

切った後に、切った費用を払って下さい、なんてことをやれば、険悪なことになりますが、「ちょっと切るにもお金がかかるので、できたら大家さん、切ってもらえないですかね」と事前に相談するならアリだと思いますよ。

そういう細かなことで、気持がすれ違ったりしないよう、普段からのおつきあいをちゃんとしておけば、たいてい解決できない問題はないと思いますよ。

質問した人からのコメント

2013/5/5 21:10:09

分かりやすいご回答有難うございます。地主さんに伐採する方向でお話して、その際許可書にサインをお願いしてみようと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

hin********さん

2013/5/111:48:18

お聞きした範囲では明らかに土地・樹木の所有主たる「貸し主」の所有物となりますから、この場合は貸し主の責に於いて処分すべきものでしょう。
借り主の所有物で無い以上、放置して置いても良い筈で、危険を及ぼす様な状態とあらば、貸し主が遅滞なく対策すべき性質のものと考えます。
敢えて借り主が伐採する場合、予め「料金は甲が負って下さい」と通告した上で実行しないと、支払いの段階で言をを左右される懸念が生じます。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

せっかくの機会が台無しです

みんなのアンテナ

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる