ここから本文です

スーパーボウルの見所

mos********さん

2007/1/3118:59:23

スーパーボウルの見所

スーパーボウルの見所、注目点を教えてください。
できれば地味めなポジションに関することがいいです。

補足ラインの選手はほとんど知らないので、主力選手とその特徴なども可能な範囲でお願いします。

閲覧数:
1,275
回答数:
8
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cas********さん

編集あり2007/2/401:07:39

地味なポジションということで、オフェンスライン、ニッケルバック、フィールドゴールユニット、控えQBなどについて注目(?)選手を。

オフェンスライン 両チームにプロボウラーが2人ずついます。
ベアーズ RT:Miller RG:Garza C:Kreutz LG:Brown LT:Tait となるはずです。この中ではKreutzとBrownがプロボウラー。Kreutzはサイズは無いもののMcFarlandのようなパワータイプも、Brockのようなテクニックタイプも苦にせずランブロック・パスプロテクションができます。機動力がありスクリーンパスではキープレーヤーになります。
コルツ RT:Diem RG:Scott C:Saturday LG:Lilja LT:Glenn が基本ユニット。GlennとSaturdayがプロボウラーです。レギュラーシーズン・プレーオフ計19試合で被サックは19という安定感。このサックの少なさは、もちろんManningのオーディブルや状況判断能力のためでもありますが、Saturdayの指示(スナップ前にディフェンス選手を指差し、他のオフェンスラインメンにブロックの指示を出しています)が的確なことも一因です。また、Saturdayはボール嗅覚に優れていて、味方がファンブルしたボールをリカバーすることが多いです。気がつけばそこにいる選手です。

ニッケルバック 3rdダウンロングなどのパスシチュエーションで登場する5人目のディフェンスバックです。
ベアーズ R.Manning.Jr。パンサーズ時代にスーパーボウルを経験しており、大舞台に慣れています。試合を決めるインターセプトなどのビッグプレーをよくやってのけます。コルツオフェンスはTE:ClarkをWRのように使う隊形を多用しますから、Urlacherで対処しきれないと判断したときは出番が多くなる可能性があります。ベアーズが勝つためには彼のビッグプレーが必要かもしれません。
コルツ Jacksonの予定でしたが、先発CBのHarperが怪我のためプレー数が限定されるようなので、Jacksonが先発、Harperが控えとなりそうです。ベアーズはQBの能力、レシーバーの駒数などの点でパス攻撃に関してやや難がありますので、ベアーズがキャッチアップオフェンス(リードされた終盤に早く点を取るためにパスを多用するオフェンス)になったときニッケルディフェンスやダイムディフェンスで圧倒できればコルツはかなり有利。

フィールドゴールユニット ここではキッカー、ホルダー、ロングスナッパーの3人のことに触れてみます。カウボーイズのRomoのプレーにより一躍注目され始めたユニット。キッカーは両チームとも実力者で有名なので省略。
ベアーズ ホルダーはパンターのMaynard(ベアーズ6シーズン目)。ロングスナッパーはMannelly(ベアーズ8シーズン目)。つまり、コンビを組んで長く、息が合っています。吹雪のシカゴでもほとんどミスを犯さなかったので、安心できそうです。Mannellyはパントカバーの際のタックルも優秀。
コルツ ホルダーはパンターのSmith(コルツ8シーズン目)。ロングスナッパーはSnow(コルツ7シーズン目)こちらもコンビを組んで長いが、プレーオフで1回危ないプレーがあったので、少し心配。このSnow基本的にはロングスナッパーですが、48番をつけておりTEの登録だったと思います。つまり、エリジブルプレーヤー(申告無しでレシーバーになれる)としてプレーできます。かつて(ポイントアフタータッチダウンか4thダウンゴールか忘れましたが)ゴール前でフィールドゴールチームが出てきたときに彼がロングスナッパーではなくエンドに位置し、パスキャッチを試みるスペシャルプレーがありました。結果は絶好のボールをパスドロップしましたが。

控えQB 文字通りQBの控えです。先発QBによほどのことがない限り出番はありませんが、出番があるときは一気に注目を浴びます。
ベアーズ 2番手はGriese。ベアーズでただ一人スーパーボウルリングを持っている選手(のはず・・・。もしかしたらRTのMillerがラムズ時代にとっているかも)。経験豊富で、大舞台にも強いのでもしGrossmanに何かがあっても問題なさそうです。3番手はOrton。新人だった去年、酷いスタッツながらチームを地区優勝に導いた経験があり、こちらも大舞台で慌てることは無さそうです。
コルツ 2番手はSorgi。確かな実力はあるとされるものの、いかんせんManningの控えなので今まで出番がほとんどないです。ロースターを見る限り、3番手QBは登録しないようで、Manningに何かがあったら、いくら大量リードしたとしてもコルツはピンチになるでしょう。

地味なポジションは他にもいろいろあるでしょうがとりあえずはこんなところで。

あと、おそらく両チームともここ一番のときのスペシャルプレー(トリックプレー)を用意していると思います。それが成功すると試合の趨勢を決めてしまうプレーになることがあります。ただ、両ヘッドコーチともにあまりそういうプレーを好むタイプではないようなので、出ないかもしれません。

質問した人からのコメント

2007/2/7 16:30:29

先に回答して下さった方々には申し訳ないのですが、こちらをBAにさせていただきます。
皆さんありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hir********さん

2007/2/123:51:05

NFL3位のオフェンスのコルツとNFL5位のデフェンスのベアーズの対決です。コルツのマニングやハリソン、ウェインはおなじみの主力選手ですが、キープレイヤーはTEのダラス・クラークになると思います。パッシングシチュエーションではスロットの位置からハリソン、ウェインはマークされているためポストパターンやコーナーパターンのミドルパスがよく決まります。クラークはTEですが、キャッチングスキルはWR並でオーバーヘッドショルダーのロングパスも取れますので相手セイフティーにとって非常に厄介な存在です。あとマニングを守るオフェンスライン、2人のプロボウラーのセンターの#63ジェフ・サタディとLT#78タリック・グレンにも注目して下さい。それとポストシーズンで絶好調のデフェンスですが#93フリーニー&#98マシスのパスラッシュ、元オールプロ#21、セイフティーのサンダースのすばやいリアクションも注目です。ビナティエリのフィールド・ゴールにも注目して下さい。一方ベア-ズはMLB#54アーラッカーに注目です。彼の動きを見ているだけで楽しいですよ!ボールのあるところに必ず登場します。ランのストップはもちろんですがWRのミドルポストパターンにも順応できるスーパーLBです。ハリソンやクラークのポストパターンを狙っているでしょう。あとOLB#55ブリッグス、DT#91トミー・ハリスも注目です。オフェンスでは2人のRB、ジョーンズ&ベンソン、C#57クルーツ&LG#74ブラウンのオールプロライン、それとNFLリターンTD記録を樹立した#23デヴィン・へスターがリターンTDするかも注目です。

wat********さん

2007/2/122:43:26

80年代洋楽ファンとしては、ビリージョエルとプリンスです。
今となっては二人とも地味めなポジションと思います。

tsu********さん

2007/2/121:12:42

両チームにとって、大事なことは「ランをどのぐらい出すか?ランをどのぐらい止めるか?」だと思っています。というのは、ランが出れば、QBの負担も減り、パスも出るからなんです。特にコルツのアダイのランが出たときはコルツの圧倒的な優位と考えて良いでしょう。
あと、ランが止められたときには、10ヤード前後のパスをフィールドの真ん中に投げるプレイが出てきますので、それが通るどうかを見ればオフェンスの進み具合がわかるでしょう。
それと、スペシャルチームの活躍も忘れてはいけません。過去のスーパーではスペシャルチームのビッグプレイが数多く出ていますので注目です。
注目するポジションはRB、LB、TE、K、KRでどうでしょうか?

ちなみにランプレイが進むかどうかを見極めるのは、通常の試合でも流れを見る重要なファクターになりますので覚えておいてください。特にウエストコースト型のチームでは重要です。

mj_********さん

2007/2/112:44:32

地味なポジションなら、スペシャルチームがおすすめです

とくに、両チームのキッカーは優秀なので、試合を決める決勝フィールドゴールが見れそうです

コルツのキッカーのヴィナティエリは、過去3回スーパーボウル優勝しているライバルチームのペイトリオッツから引き抜いたキッカーで、スーパーボウルで決勝フィールドゴールを2回も決めた勝負強いキッカーです

http://sports.yahoo.co.jp/extra/superbowl_2007/news/gallery_list_06...

ベアーズのキッカーのグールドは今シーズン好調でプロボウル(オールスター)にも選ばれたキッカーです

http://sports.yahoo.co.jp/extra/superbowl_2007/news/gallery_list_11...

また、ベアーズのリターナーのヘスターは、レギュラーシーズンで6本のリターンタッチダウンを決めていますので、リターンにも注目してください

http://sports.yahoo.co.jp/extra/superbowl_2007/news/gallery_list_10...

ee9********さん

2007/2/100:06:59

私は両監督の采配に注目しています。
スーパーボウル史上初の黒人監督、しかも両チームともです。

月曜日の夜にラジオで、バーバロという名馬が安楽死処分になって、バーバロの分までコルツ(colt=子馬)ががんばるだろと言ってました。こういうところは日本人アメリカ人あんまり関係ないなと思いました。
ちなみにスポーツブックによるとベアーズが7点アンダードッグです。が私にはこのスーパーボウルは第37回スーパーボウルとよく似てるなと思います。リーグ屈指のQB率いるオフェンスとリーグ屈指のディフェンス。前評判もオフェンスが武器のチーム有利。37回スーパーではディフェンスが勝ちましたが、今回は?私はアンダードッグを覆してベアーズ有利と予想してます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる