ここから本文です

エアコン移設工事(隣の部屋へ)をし、配管の追加料金がかかりました。 エアコン...

cho********さん

2013/5/513:23:16

エアコン移設工事(隣の部屋へ)をし、配管の追加料金がかかりました。
エアコン(右から配管が出ている)を、隣の部屋へ移設工事をお願いしました。

隣の部屋は、エアコンの左から配管が出るように取り付けるようになっています。
「右と左で違うので配管は交換しないといけない、配管交換代で10000円(9千いくら~でした)かかります。」
と言われました。
お安い所をネットで探して依頼したので、当初8千円以内だったのが、結局1万7千円台になりました。
2009年製のエアコンです。

これは普通のことですか?右と左だと使いまわしはできないものですか?
エアコンの事は全然わかりません、お願いします。

補足ありがとうございます。
>smileさん
エアコン取外しと取付けで8千円でした。
配管代が、2分3分:3千円が3つ分で9千円と明細にありました。
工事前に配管交換で9千円かかりますが、と言われて
でもキャンセルしたら5千円がかかり、お願いしました。
(キャンセル料については事前に知っていた)
金額が倍以上になりショックでしたが・・
右か左かだけで1万なのか・・と
>chopperさん
あなたにご依頼できれば良かったです・・

閲覧数:
7,211
回答数:
4
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cho********さん

編集あり2013/5/520:55:19

エアコン屋です。
値段に関しては、「定価」と言うものがない為、来る業者次第です。
次に、「右抜き」と「左抜き」ですが、
状況によりますので、何とも言えないのが本音です。
通常では、配管をそのまま使う事は可能です。
作業員の腕次第です。
例外の条件として、
元々の設置状況が、右抜きで、室外機が真下にあった場合。
左抜きにする事で、配管が届かなくなる場合があります。
室内機裏で、30~40㎝配管が必要になる為です。
この点を除けば、配管の再利用は可能です。
ご参考までに…。
追記。
よく、一度配管を外すと、フレアが…
と言う意見がでますが、再度フレア加工をする事で解決のできる問題です。
量販店や、それに似た工事(4mの標準工事)しか出来ない人に多い意見です。
そんな事を言ってたら、仕込み(隠蔽)配管の入れ換え工事なんて、到底出来ません。
確かに、銅管は硬くはなります。
やり易い・やり難いで言えば、やり難いです。
ただ、それが「出来ない」や「ガス漏れ」の原因には直結しません。
『私には腕がないです。』
ってのを、全面に出しているだけの話です。
補足に対して。
取り付け・取り外しで8千円ですか?
元々が安過ぎて、信憑性の薄い会社ですね。
憶測ですが、配管を新規に入れ換える事で正規の料金にまで上げてくる、ある意味、悪質?なシステムの会社なんだと思います。
この知恵袋では、よく聞く事例です。

ただ、配管3つ分とは何ですか?
お隣の部屋へ、1台移設しただけなんじゃないんですか?
その場合の配管代は『1台分』ですよ?

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nii********さん

2013/5/523:51:11

電気屋です
物理的に、長さが届かななければ、配管の交換はでてきます。
配管の向きが違っても、使う材料は同じです。

基本料の8000円は安すぎますね。
配管の代金は、高いです。9000円あれば、あとちょっとで、20m物が買えちゃいます。
トータルで見ると妥当な金額です。

sad********さん

2013/5/522:08:48

エアコン移設に際して、作業料が安いところを探されたんでしょうね(笑)個人で依頼できる店であれば、取り外し&設置で1万円以下でしたら最安クラスだろうと思いますよ(私が以前建て替えに際して移設をお願いした会社では、撤去3千円取り付け7千円で、合計1万円でしたから)

さて、そのようなエアコン移設をしてくれる会社では、ネットで料金表を細かく掲示してあると思います、撤去の場合は純粋に撤去だけですから、撤去料は変動しないでしょう、しかし取り付けに関しては①新品購入時の取り付けの場合、取付料+配管等資材代、②移設の場合には移設先の状況により配管が足りなければ取り付け代+配管等資材代、③休配管が古い場合には状況により配管等試合代がかかるなど

私の時には、依頼した会社のホームページに細かく書かれていたため、その点について十分問い合わせをして確認しましたよ


ちなみに古い家の2階に室外機ベランダ置きで設置していたエアコンを、仮住まいに移設して、その数か月後に家が完成した際に実家に移設するという予定を立て、実家では配管長さが不足するため当初から仮住まいへの移設時に新しい配管を長めに取り付けてもらい、数か月後の実家への移設の際には、その配管を使用して取付をしてもらうよう交渉して了承を得ました

新しい配管にするのは、作業性の向上と移設後のトラブルがエアコン本体のせいかそれとも配管の成果を切り分けしやすくするためと言われています、しかし実際には極端に安くなってしまった技術料を穴埋めするために高めの価格設定の資材費で帳尻を合わせているんではないかと思います、古い配管で再取付をすることは可能でも、そこで丁寧な作業と高い技術が必要であれば、そもそも格安の取り付け料金では不可能ということなんでしょうね


とまぁ、現在問題なくエアコンが稼働しているのであれば、問題なしとすればいいと思いますよ(笑)

>配管代が、2分3分:3千円が3つ分で9千円と明細にありました。

2分3分の配管が、メーター単価3千円で、3メートル使用したので9千円という意味でしょうね(@3千円×3m=9千円)

smi********さん

編集あり2013/5/521:27:57

私なら取り付け業者が配管の使いまわしを提案して来ても、取替えをお願いします。銅製の配管は熱を加えると柔らかくなり、冷やすと固くなります。銅鍋などもそうして一枚板から鍋の形まで作っていきますね。同じで、一度でも配管内に冷媒ガスを流すと固くなって銅の持つ柔軟性はなくなります。それを取り外して以前と違う形のところで曲げようとすると上手に曲げてもやはり滑らかな曲線は出せません。結局波なみの配管になり見苦しくなります。それで私なら「交換」をお願いします。実際フレアーの部分も厳密には固くなっているものを広げるより柔らかい銅を使った方が作業はやりやすく、且つガス漏れの危険も回避出来ますよ。
もう一つの問題は当初8000円の見積もりがどうして倍以上になったのかです。配管はそんなに高い物ではありませんし、また工事業者が丁寧な方なら工事に取り掛かる前に口頭ででも説明をして、当初の見積もり通りにはならない理由を納得させてから工事に取り掛かる必用があります。今まで多くの工事をさせていただきましたが、そんなべらぼうな話は初めてですね。
補足質問への答えです。結論が「移設でそれだけかかった」と言われれば「そうですか」としか言えないですよ。少しの疑問をここに書かれたのでしょうが、今となっては「そうですか」の世界ですね。私の、たきつける様な言い方は反省しています。多分その工事屋さんはそう判断したのでしょう。でもそのエアコンがキチンと役目を果たしてくれればいいじゃあ無いですか。寿命まで活躍出来れば最高ですね!!!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる