ここから本文です

発毛剤プロペシア(フィナステリド)の副作用は、体の女性化だそうですが、具体的...

ded********さん

2013/5/610:03:23

発毛剤プロペシア(フィナステリド)の副作用は、体の女性化だそうですが、具体的にはどんな変化が起こりますか?
乳房が膨らむらしいですね。
髭は生えなくなりますか?
精力は低下しますか?

健康上、何か実害はありますか?

閲覧数:
19,639
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kam********さん

2013/5/710:58:59

フィナステリドによる体の女性化として唯一見られるのは乳房化です。

日本で知られていない様々副作用が海外では報告されており、その中に鬱症状などを誘発することも確認されておりようやく日本でも体験談などをみかけるようになりました。

また副作用の場合には薬を中止しても継続的に症状が続くものですがフィナステリドの服用中に閉経後の女性に見受けられる男性の更年期障害のような症状が発症する方もあります。

理屈としては体全体の男性ホルモンをフィナステリドで抑制するわけですからそれらの症状が現れやすいことは以前より知られておりましたが処方する医師が十分な説明をしていない場合があります。

一番大きな問題は薄毛を回復させるためであれば育毛以外の影響や副作用は仕方がないとお考えになる方がおられることです。

プロペシアとだけ紹介をすると他のメーカーのフィナステリド製剤では問題ないのではないかと誤解されますので(以下フィナステリド)と書かせていただきます。

乳房化だけではなく鬱、精力減退、ED、ペイロニー病なども報告されており、鬱、精力減退、EDに関しては米国(FDA)、英国、EUなどの医療系保健省が各国でフィナステリドを製造するメーカーに注意書きの追記を1~3年ほど前から指導しております。さらに様々な副作用などが深刻化している服用者が増え、フィナステリドにそのような副作用があるということが報道されてからこれまで表にでていなかった副作用を発症されている方が続々と表面化し現在海外ではプロペシアを製造するメリク社を相手取り、数百の訴訟が起こされております。

つい先日もカナダでわずか1カ月で700人の方がフィナステリドの製造メーカーを相手取り訴訟がおこされました。

現在フィナステリドの副作用などの研究も始まり、いくつかの研究データも発表されております。

ただ日本ではそのような海外での副作用の集団訴訟が報道されていないため周知されていませんし育毛の改善薬を服用して生じた副作用であることから医師に相談ができないという方が実際におられます。

また日本は海外に比べてフィナステリドが処方されるようになってからの年数が短いことがあるかもしれませんが厚生労働省が医師や患者からの訴えがされていないために日本MSD(メリクの日本子会社)もあえて他国の系列会社がプロペシアの注意書きの追記を求められていても日本のプロペシアには表記する義務や報告もないことから日本の医師もフィナステリドの副作用を知らないのが現状です。

乳房化という症状があらわれていることはフィナステリドに過剰反応しやすい体質でおられると思います。フィナステリドの服用が先か鬱病の発症が先かわかりませんが正直フィナステリドの再開や使用は鬱病を悪化させるリスクがあります。

日経で紹介されているから。医師の管理下の元だからといってフィナステリドやミノキシジルを服用しているか大丈夫ということはありません。

現在の日本では薄毛イコールAGAや男性ホルモンなどが影響しており、フィナステリドを服用することがもっとも有効な策であると医師や一般の方たちは思い込んでおられます

ネットで調べればミノキシジルタブレットは育毛薬として当たり前のように購入できる環境ではありますが以下のような事情をご存じない方が多くこれは育毛クリニックで処方を受けておられる方でも十分な説明が果たされていない状況にあります。


海外の検索サイトでlonitenと検索をいただき、それを翻訳機能などで調べていただくと簡単に服用しても良い薬ではないことやFDAがどれほどの注意を促しているかもご理解いただけると思います。

よく耳にする動悸、胸痛、痒み、顔のむくみなどの副作用が生じる可能性があります。


これはロニテンの服用によって生じる体内の塩分と水分がましてしまうことで利尿作用が低下することで水が体の様々な部分に蓄積してしまいます。これらが心臓機能の低下を誘発する恐れがあることからロニテンを服用する場合には利尿剤の併用と塩分のコントロールが必須であり、さらには毎朝の体重測定によって前日と比べ体重が2キロ以上増加している場合にはすぐに病院に行き、心電図やエコー検査などを行う必要があると言われております。


この体重増加は水分の排泄が行えず蓄積してしまう事でからで体内のどこかに水がたまっている可能性がありそれが胸などに蓄積すると心臓機能が低下する恐れがあるからです。


一般的に日本ではロニテンをミノキシジルタブレットと紹介し育毛薬として存在しているような説明がされておりますが管理が容易ではありません。

単独で使用される場合、ロニテンは塩分と水分の過大な摂取過多を引き起こし、 顔、目、手、首の浮腫み、静脈膨張、肝頸静脈逆流浮腫を発生させる場合があります。 胸部エックス線は肺の血管拡張の徴候を示す場合があり、心不全の兆候を持つ患者の場合は病状を悪化させるケースもございます。塩分摂取制限は求められ、本来は副作用が起こらないようにミノキシジルタブレットと必ずと言って良いほどの併用薬があります。

徹底した管理や検査を元に処方されるべき薬であり、心電図やエコーなどの検査をなくして処方する薬ではありません。

そのような手間やリスクを考えるとミノキシジルを服用するのはけして簡単な事ではなく、そのような事例から海外では育毛目的での使用を控えるようになりました。

日本のように5分ほどの診察と簡単な血液検査を受け、毎日1錠服用すれば済むというものでは到底なく、ご本人の毎日の自己管理に加え、毎月の診察の際には徹底した検査を行わずして処方はできない薬です。


プロペシアの副作用にも懸念はありますが強制的に男性ホルモンを抑えたとしても一般的に得られる主な効果は脱毛本数の減少だと思います。頭部に集中してAGA対策をとられるのであればもう少し効果が期待できると思いますが服用する形の場合には薬効成分が頭部まで到達しピンポイントで作用するわけではありません。この問題は服用するプロペシアやミノキシジルの双方で起こっており、どのような服用薬もピンポイントで希望する箇所のみで作用させることができません。

そのため、体の別の場所に回ってしまった薬など別の形で作用してしまい、それが健康に害を与えるようなものでなければ良いのですがプロペシアとミノキシジルタブレットの場合には精力減退やED、胸水などを誘発する可能性があります。

乳房化によって乳がんなどを心配される以前に現在の鬱病などを悪化させている要因の一つがプロペシアであると考えられます。

それにAGAや育毛において育毛効果が医学的に承認されているのはミノキシジルやプロペシアだけではありません。2010年に米国食品医薬局(FDA)が低出力レーザーをミノキシジルやプロペシアに次いで育毛かがあると承認されています。プロペシアの副作用などが報告されるようになってからプロペシアの代替案としても推奨させるようになりました。

ちなみに添付している画像は生え際に低出力レーザーを照射しての回復例のひとつです。

髪を回復させたいお気持ちは十分に理解ですが現在、発症しておられる症状や今後のリスクを考えれば確実に他の方法を検討されたほうが良いと思います。それとお母様の髪のことを心配してお勧めしようとしているミノキシジルタブレットはお母様の持病のことを考えれば命にかかわる恐れもあります。

以下はアメリカFDAが低出力レーザーのAGAに対して効果を男女それぞれに承認し発表表です。

男性のAGA型脱毛(Androgenetic Alopecia)に対しての承認を認めたFDAの発表 2010年
http://clinicaltrials.gov/ct2/show/NCT00947219?term=hairmax&rank=1


昨年開催された全米皮膚科学会や国際毛髪臨床学会において上記内容が正式に発表されました。低出力レーザーの承認は以下のように、2009年12月から2011年3月までの期間、25歳から60歳を対象に行われました。

ISHRS(国際毛髪学会)は世界中の育毛に携わる専門医が所属している学会のひとつです。その学会の中でも低出力レーザーについてはその育毛効果を学会HPに掲載しております。

http://www.ishrs.org/articles/low-level-laser-therapy.htm

ご注意いただきたいのは低出力レーザーの育毛効果が各国の保健省によって、ミノキシジルやプロペシアと同様の治験や臨床を経て、育毛効果が確認されている製品は一つしかありません。

今回のミノキシジルの実情やプロペシアの副作用。低出力レーザーの説明。それ以外にも育毛においての様々な情報を紹介を他の方にした回答や過去に書いた回答や知恵ノートでも育毛の情報などをご覧いただけます。

それ以外にも育毛においての様々な情報を紹介を他の方にした回答や過去に書いた回答や知恵ノートでも育毛の情報などをご覧いただけます。
http://my.chiebukuro.yahoo.co.jp/my/myspace_note.php?writer=kaminon...

それかyahooプロフィールをご覧いただければと思います。
http://profiles.yahoo.co.jp/-/my_profile/?sp=mqufOCM6eqvjgm_rnvStX1...

以下は掲載している知恵ノートの中でも特に読んでいただけると参考になると思います。
プロペシアの副作用をFDAが公式発表
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n84922
プロペシアの副作用を誘発する研究においての新たな発表 2013年
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n168818
育毛薬、ミノキシジルタブレットの実情
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n102335
育毛薬 ミノキシジルタブレット(ロニテン/Loniten)の誤解と現状
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n85700
育毛剤、ミノキシジル、プロペシア以外の育毛方法
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n84851

フィナステリドによる体の女性化として唯一見られるのは乳房化です。...

質問した人からのコメント

2013/5/12 21:31:04

すごい回答をいただき、ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

nob********さん

2013/5/613:01:36

精力の減退が最も言われる副作用だと思います。 個人的には4年服用を続けていますが、そこまでの精力減退等もなく発毛の効果によってストレス減退となって逆に健康になった気がします。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる