ここから本文です

レーダーについての質問なんですが、パッシブレーダー?とか~レーダーとかミサイ...

ajg********さん

2013/5/1013:43:34

レーダーについての質問なんですが、パッシブレーダー?とか~レーダーとかミサイル迎撃の話題の中に出てくるんですが、 ミサイル迎撃の際に用いるレーダーにはどんな物があるんですか?

閲覧数:
1,314
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

asa********さん

2013/5/1111:09:55

航空機、地上、艦船の広域探知レーダアンテナを水平に360度回転させて目標に強いマイクロウェーブ電波を照射して、その反射波をレーダアンテナで受信して目標の飛行している,、方角、仰角、飛行高度、飛行速度を高速処理コンピユータで計算して、目標の位置座標を飛行中の迎撃ミサイルにレーダアンテナで送信します、迎撃ミサイルは、目標に接近したらミサイル先端に360度回転する受信専用レーダアンテナをくるくる回して地上のレーダアンテナから送信したマイクロウェーブ電波を反射する目標を探知、追尾して命中します、これをパッシブレーダーホーミング方式といいます、ミサイルの先端からは電波を出さず、反射波を強く受信する方向へミサイル自身が舵を切って命中する受身的な探知追尾方式です、
スパロー空対空ミサイル、シースパロー艦対空ミサイル、

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n163012

地上や艦船、航空機搭載のレーダアンテナの電波が届かないほど遠い目標には、予想飛行コースへ迎撃ミサイルを発射して、迎撃ミサイルが目標に接近したら迎撃ミサイル先端のレーダアンテナからマイクロウェーブ電波を周囲の照射して目標を探知、追尾して命中するアクティブレーダホーミング方式になります、電波を出して積極的に目標を探知追尾するので打ちっぱなしができます、フェニクス空対空ミサイル、ホーク地対空ミサイル

航空機、地上、艦船の広域探知レーダアンテナを水平に360度回転させて目標に強いマイクロウェーブ電波を照射して、その...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kur********さん

2013/5/1021:42:37

ミサイル迎撃の際に出てきたというならパッシブ・フェイズド・アレイ・レーダーだと思います。
ミサイル防衛でメジャーなのは日米のイージス艦に採用されているAN/SPY-1というパッシブ・フェイズド・アレイ・レーダーではないでしょうか。
艦艇用としていち早く実用化されたフェイズド・アレイ・レーダーです。

フェイズド・アレイというのは通常のレーダーとは異なり、細かいレーダー素子を蜂の巣のように並べた方式です。
これにより機械的にアンテナを振らなくてもホイヘンスの原理で波を合成してやることで広い範囲を極短時間で走査できます。
その為、高速の目標だと回転式のレーダーアンテナでは一周してくるまでに近付かれて対処できなくなってしまいますが、フェイズド・アレイ方式ならそのような心配はなく、タイムラグなしに常時見張りができます。

フェイズドアレイの原理(わかりやすい動画があります)
http://k-web.jsforum.or.jp/radar3_2.html

SPY-1はSバンドという遠距離目標を探知するのに適した帯域の電波を用いています。
が、最近はXバンドというより精密に対象を捕捉できるバンドを用いるレーダーが開発され、ミサイル防衛にも投入されています。
この辺はSPY-1が開発された当時の技術的限界のため。
Xバンドは精密走査できる半面で探知距離が短くなってしまうので無理だった。
現代では高出力レーダーができたのでXバンドでもOKになった。

フェイズド・アレイ・レーダーのパッシブ方式というのはレーダー波の発信機が一つで、そこから各素子に分割して割り振り、さらには位相シフターで位相をずらすことで上の動画のような電子的にレーダー波の向きを変更することをやっている方式。
電波発信源を制御しておらず、その途中経路を制御するだけなので、パッシブ(受動的)フェーズドアレイと呼ばれる。

対してアクティブ方式は並べられた各素子のそれぞれに発信機を持っている方式。
位相制御もパッシブの位相シフターを用いるよりも正確に行えるので同規模のシステムで探知感度、精度が画期的に向上する。
ただ技術的には高度なのでようやく最近になって実用化されました。

余談ですが、実のところアクティブ・フェイズド・アレイ・レーダーの技術は日本は非常に優秀で、艦艇用アクティブ・フェイズド・アレイ・レーダーは海自のあさぎり型護衛艦「はまぎり」に搭載されたOPS-24が世界初。
日米共同開発のF-2に搭載されたJ/APG-1が量産戦闘機に装備された世界初。

イージス艦のSPY-1以外でミサイル防衛に用いられるのはTHAAD用のAN/TPY-2、PAC-3用のAN/MPQ-65、海上配備Xバンドレーダー(下の写真)、地上配備型のJ/FPS-5(通称ガメラレーダー)などがあります。
いずれもフェイズド・アレイ・レーダーです。

J/FPS-5(通称ガメラレーダー)日本製
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=Dje677ZSyD4

ミサイル迎撃の際に出てきたというならパッシブ・フェイズド・アレイ・レーダーだと思います。...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる