ここから本文です

留学先のお国事情

pur********さん

2007/2/618:01:12

留学先のお国事情

 英語圏で」留学する場合、アメリカだと、麻薬の危険がありますが、イギリスでも同じでしょうか。
オーストラリアはどうでしょうか。

閲覧数:
1,718
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

shi********さん

2007/2/818:25:53

イギリスは、ドラッグがかなり深刻な問題な町だと聞いてます。僕は、アメリカに現在留学していますが・・・本当の意味で必要な事は、麻薬の危険とは本当はなんなのか?って事です。

アメリカでは、麻薬はドラッグとは思われていない部分があります。

アメリカの歌を聞けば分かりますが・・・
テレビや映画などでも、そういう麻薬に関する事がよくでてきます。

セックス&ザシティーや、フレンズというテレビ番組でも、ごく当たり前のものとして出てきます。

確かに、麻薬が簡単に手に入る国ですが。。。
日本でも手に入れようと思えば出来るわけですし・・・
自分がするしないの問題だと思います。

そして、僕はそういう文化に触れた事も、留学していて良いことだと思ってます。

質問した人からのコメント

2007/2/9 13:10:28

降参 ベストアンサーでまたまた悩んでしまいました。どのお答えもとても参考になりました。本当に有難うございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bob********さん

2007/2/704:04:53

麻薬などの問題はどこに行ってもあると思ったほうがいいと思います。留学といってもさまざまな形態のものがあると思いますが、きちんとした留学期間を通す場合は、危険な町にはまず生徒を送り込むことはないと思います。

私は米国に住み始めて6年になりますが、4年間はミズーリ州、セントルイス市にある大学に通いました。セントルイス市は全米で一番犯罪が多い町として知られていますが、住み始めたころに地元出身の生徒と行動したり、学生寮に入っていたので寮長に行ってはいけない場所などを聞いておきました。留学する前は、麻薬や銃犯罪など悪いイメージがたくさんありましたが、在学中に怖い思いをしたことはありません。

大学在学中にダブル留学という形でオランダに留学しました。オランダでは(ご存知だと思いますが)麻薬は合法です。でも、住んでいる間に麻薬の危険にさらされたことは一度もありません。

アメリカの話に戻りますが、大学在学中に麻薬をやっている人とそうとは知らずに友達になったこともあります。しかし、その人の本当の生活を知ったときに、「私はドラッグをやる人とは友達になれない」と友情を切りました。

話がすこしそれてしまいましたが、私が言いたいのは「目的を持って留学して欲しい」ということです。留学する前に、自分はなぜ留学したいのかをきちんと考えておくべきです。それが留学中に信念となるはずですよ。強い目的意識があれば、自分には悪影響だと思ったものには手を出さないし、他人の意見にも流されません。頑張ってくださいね!!

kop********さん

2007/2/623:44:06

オーストラリアに留学していました。
ドラッグはあちらでも深刻な問題となっていました。
同じ学校に通っていた日本人の生徒も、昼間からドラッグやって怪しい目つきでふらふらしていました。
でも、調子に乗って怪しげな所へ行かない限りは平気でしたよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる