ここから本文です

またまた交通事故の後遺障害についてです。 先月に紛争処理機構での結果が非該当...

gur********さん

2013/5/1417:50:57

またまた交通事故の後遺障害についてです。
先月に紛争処理機構での結果が非該当の判断となりました。あとは訴訟で認定するしかないと言われ今悩んでおります。
一年以上実費でリハビリをして

おり経済的にも苦しいですが、非該当にも納得がいかず弁護士をたてて後遺障害に認定をしてもらいたいですが、長引くのであれば諦めようとも考えております。目標は14級ですが訴訟で勝ち得るまで大体の期間を教えていただけませんか?よろしくお願いいたします。

閲覧数:
784
回答数:
5
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

松浦さんの画像

専門家

2013/5/1505:48:05

交通事故の後遺障害非該当について

むち打ち等の神経症状を伴う後遺障害14級9号は、基本的に通院期間と通院回数、治療内容、MRI等の画像所見などを、総合的に判断します。
通院期間は最低6ヶ月以上で、通院回数は週3,4回以上のリハビリです。

上記の内容を満たしていないと、自賠責保険の後遺障害の認定は、難しいです。
もちろん訴訟でも、難しいでしょう。

訴訟自体は、1年程度と思います。

後遺障害14級9号が認定された場合の、慰謝料等は、下記を参考にしてくだい。
http://jiko110.org
http://mutiuti110.jp


なお、今回の回答内容は、交通事故・後遺障害の専門家である行政書士の実務経験に基づいて回答しております。
http://mutiuti110.jp/publicnotary/zidanzirei.html
http://jiko110.org/settlement/settlement.html (私の業務実績の一例です)

私(行政書士)の回答は、被害者(裁判基準)よりの立場で回答しております。
以上で、質問の回答となっておりますでしょうか。


参考になれば幸いです。
以上です。

兵庫県尼崎市(大阪市)の交通事故・後遺障害専門の行政書士 松浦 靖典が回答致しました。

質問した人からのコメント

2013/5/16 00:18:43

笑う ここでの営業は控えていただきたい。
胡散臭くてわらってしまいました。(笑)
せめてみすぼらしい写真変えたら?

回答した専門家

松浦さんの画像

松浦 靖典

行政書士

交通事故専門の行政書士です。お節介な程熱意をもって接します。

[お知らせ] 最後の最後にご相談ください 諦めてはいけない、その後遺症 □ 弁護士等の専門家に見放された □ 諦めるしかないと言われた 痛みやむち打ち症状や腰椎捻挫の痛みが、こんなに残っているのに、後遺障害は認定されないの?? 下記の書類があれ...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nyo********さん

2013/5/1522:19:52

5 まず、民事訴訟において等級認定判決というものはありません。
つまり損害賠償訴訟における裁判官による後遺障害〇△等級相当としての、認定等級相当額の金員を支払うよう判決が言い渡されるものであり、自賠責保険の後遺障害等級認定権を持っている訳ではありません。

あなたの納得を得るとは、認定を勝ち取ることなのか、それとも賠償額として相当額を認めさせることなのかが分りませんが、紛争処理機構でしても非該当とされたものを訴訟で後遺障害慰謝料請求し認められることは、弁護士をしても簡単なことではありません。それには有能な弁護士が求められますし、裁判官を納得させる医証がないとダメです。
あなたの納得感を満たす結果が出るかどうかは、上記次第です。時間をかけて訴訟を闇雲にやっても、後味の悪い結果となることもありえます。

ここは気持ちを切り替え、いつまでも事故を引きずらず、人生を前向きに考えることも大切ではないでしょうか。信頼できる弁護士に示談交渉を一任して解決すべきかと思います。時効にも要注意です。


最も注意すべき点は、尼崎の“ヤブ”行書の相手になって、被害にあわないことです。ご注意を・・・

hya********さん

2013/5/1522:16:56

行政書士はトラブルが多いいようですね。

【お願い】最近、質問をした後、取り消したり放置する方が目立ちます。この質問に対する回答を得た場合は、放置・取消しすることなく、どれか最も参考になったと思う回答をベストアンサーに選んで完結させてください。

編集あり2013/5/1519:10:21

自賠責紛争処理機構での決定がでれば、余程、明確な医証を新たに出さない限り、訴訟においても、同じ結論が通例と考えられます。

補足又は、新たな質問にて、事故状況、受傷内容、治療経緯、残存症状、過去の医証内容(診断書、主治医所見の他、画像読映像所見、神経内科等他科所見)、決定理由の詳細を追記頂ければ、新たな医証が得られる可能性についての概略回答が可能です。

弁護士については、精度の高い医証分析が、可能な事務所への相談が必須となります。

aj3********さん

2013/5/1419:26:03

>目標は14級ですが訴訟で勝ち得るまで大体の期間を教えていただけませんか?
過去のご質問にも同じような記載があり回答も記載されていたと思いますが、6か月以上2年くらい?ハッキリ言って分からないと言うのが正直な回答ではないでしょうか。

そもそも
後遺障害等級に関する裁判の期間を予想するのは非常に困難です。被害者側弁護士が後遺障害等級何級を主張しその根拠は何かまで示す必要があり、場合によっては医学的な主張を展開することも必要になるので訴訟としては結構大変(時間だけでなく場合によっては費用も掛かるので)な訴訟ですので訴訟するのであれば委任弁護士と確り打ち合わせをして下さい。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる