ここから本文です

概念枠組みとは、どういう意味ですか?『看護の概念枠組みについて考えたこと』と...

may********さん

2013/5/1515:47:15

概念枠組みとは、どういう意味ですか?『看護の概念枠組みについて考えたこと』というレポートを書かないといけないのですが、意味がわからないので書き始めることができません(>人<;)
一応

、自分の中では看護の概念を呈したバージニアヘンダーソンの意見について反論する論文を書きたいと思っています。

閲覧数:
25,903
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2013/5/2013:05:58

確かに意味がわかりにくいレポートの出題形式ですね。ただ、質問者様は「バージニアヘンダーソン」について言及されておられるので看護理論家が提唱する看護理論に関する事なのでしょうか。
わかりづらければ、このレポートを出した教員に質問するのが一番早いと思われますが。まあ、それはともかく私なりに説明していきます。
「概念枠組み」という言葉をグーグルで検索すると看護研究との関係に関する事が多くかかります。
井上幸子・平山朝子・金子道子編:看護学体系第10巻 看護における研究 第2版、日本看護協会出版会、1999、51項より引用します。以下引用。
何を研究するかという研究課題が明確になると、その現象をどのような視点でとらえるかということを明らかにすることが必要になる。自然科学では、事実と事実との関係を明白に表わす定理や公理に導かれて研究が行われるので、仮設は定理によって導きだされる。しかし、人間の日常性に近い現象を研究する行動科学のような分野では、ひとつの現象に対する見方が異なることが少なくないので、研究を導く概念枠組みや理論枠組みといわれるものが必要である。特に看護では、健康状態という身体的な問題にしても、その問題に対する人間の反応に焦点を当てるので、その反応をどのようにとらえるかを明示することが大切になる。…略。
このように研究には、研究しようとする現象に対してどのような視点や観点からみようとするのかを明らかにする作業があるが、これには2つの段階がある。ひとつは、研究しようとする現象の全貌をどのようにとらえるか(概念枠組み)を明らかにすることであり、もうひとつは、その中に含まれる要素(変数)とその要素間の関係を明らかにする作業である。…略。
以上引用です。
次に、一般的な概念と枠組みの意味を調べました。
がい‐ねん 【概念】デジタル大辞泉の解説(kotobankより)
1 物事の概括的な意味内容。「―をつかむ」「文学という―から外れる」
2 《 concept 》形式論理学で、事物の本質をとらえる思考の形式。個々に共通な特徴が抽象によって抽出され、それ以外の性質は捨象されて構成される。内包と外延をもち、言語によって表される。
がいかつてき【概括的】( 形動 )大辞林 第三版の解説(kotobankより)
特定の分野や専門にこだわらず,おおまかに全体から見たさま。大局的。 「 -な把握」
わく‐ぐみ 【枠組(み)】大辞林 第三版の解説(kotobankより)
1 枠を組むこと。また、組んだ枠。「木の―」
2 物事の大体の仕組み。アウトライン。「計画の―」
質問の文やこの定義を踏まえると、私には、看護の基礎理論についてのレポートであり、看護の基礎理論について、大まかに全体的にとらえ、どのような視点や観点からみようとするのかを明らかにすることだと思われます。
なので、質問者様はバージニアヘンダーソンを質問の文中に挙げていますが、看護の基礎理論について、視点や観点を明らかにして、大まかに全体にとらえるという意味だと私には思えます。
看護の理論には、様々な種類がありますが、このレポートで問うているのは、バージニアヘンダーソンが書いた「看護の基本となるもの」などのレベルの理論でしょうから、理論に基づいて、看護についての考え方などを提示すれば良いと思われます。
看護の理論家は様々な視点から看護を定義したりしていますが、それらを比較する際には、各理論家が定義する「人間とは」「健康とは」「環境とは」「看護とは」を含めて一覧表にし、比較される場合を見かけます。
松木光子、小笠原知枝、久米弥寿子編:看護理論 理論と実践のリンケージ―看護研究の成果に基づく理論を実践しよう―、ヌーヴェルヒロカワ、2006、8項、表1-2看護モデルの比較より項目を引用します。
人間観、看護の目標、健康、環境、看護活動の5つが挙げられています(この表は引用のようですが、私はその原本は読んでいません)。
なので、看護理論家が提唱する主要な理論の概要の基本となる「人間とは」「健康とは」「環境とは」などを示し、「看護とは」どのように定義されるのか? それに関連する主な考え方などを示せばよいのではないでしょうか?
このレポートが出された講義・授業やその目的・目標などがわからないので、これ以上は述べられません。
ただ、ヒントにはなるかと思うので、必要時ご参照ください。私は看護理論を個人的に勉強しているいわば素人です。その点を配慮いただき、参照頂くようお願いいたします。質問者様の参考になれば幸いです。レポートが出題者の意図にある程度沿って作成されるには、この質問の文を読む限り、出題した教員に尋ねるのが一番だと思われます。
以上で私の意見を終わります。長文失礼しました。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「概念とは」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kam********さん

2013/5/1600:13:25

枠組み:物事の大体の仕組み。アウトライン
概念:概念とは,個々の対象,いわゆる個物(個体)よりも複数の個物を包括的,概括的に捕捉する,人間,広くは生物体の対象把握の一根本的形式とその成果をいう。観念,思念,想念等も同類語と考えられ,また,たとえば〈犬〉という概念が単数,複数の犬の心象,イメージを想い起こさせることなどもあって,概念は心象,イメージも合わせて意味し,あるいはそれらと同一視されることがまれでない。

看護とは、ざっくりといえばどんなものをいうのか、そして、その範囲はどれほどか?先生がメスで切って、胃の悪いところを切っちゃうのは、看護なのか?サッカーをやっていたら、友達が足を痛めたらしい、むさくるしい友人がコールドスプレーをかけてくれたのは、看護なのか?健康診断、友達にマッサージをしてもらったのは、看護なのか?

時代の流れとか、土地や地域、環境が違えば、看護というものが変わるかもしれない。中心となる行為の定義があって、それが、少しずつ違っているようにも思います。看護の概念を呈した大御所さんに、意見を申し上げるのは、まだ、勉強不足なのではないでしょうか?大御所さんは、すげー勉強した、創始者的な位置づけで、質問者様は教科書すら読みたくもない、勉強もしたくないようなお方、なのにできるのかな、って思うところがあります。

看護の始まり、定義、その変化、どこまでが含まれるか。看護、の本を10冊くらい読んだら、書いてあることは同じそうですし、ちょっと異なる視点で書かれた医学書??やらを見てみたら、また、違う看護が書いてあるかもしれない。


看護とか知らないので、周辺知識の情報を積み上げたほうがいいです。効率よく、少し違った感じで書かれているものを見る、とか。子供向け、学生向け、大人向け、家庭用、○○新書、教科書とか、いろいろありそう。

頑張ってください。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる