ここから本文です

鞭打ち(頚椎捻挫)の治療と後遺障害について

ake********さん

2013/5/1706:25:24

鞭打ち(頚椎捻挫)の治療と後遺障害について

現在、交通事故(停車中の後方から追突(10:0)された)のため、治療をしています。先日、相手側の保険(自賠責・任意)より連絡があり今後の治療の目処を知りたいとのことでした。できれば症状固定による保障をお願いしたいとのことでした。
そこで、現在の主治医がどのような判断をして、そして私自身もどのような考えで治療に望むのか悩んでいます。
もう少し具体的にいえば、
①主治医の診断のとおり治療を続けるべきなのか?それとも症状固定をして慰謝料をもらうべきなのか?悩んでいます。(治療を続けても・・・もしかしたら?これ以上よくならないのではないかと不安になっています。しかし症状固定をすれば慰謝料はもらえるものの今後の治療費は自分自身で支払わなければならないので悩んでいます)
②主治医の治療について納得をして信頼をしてこれまで治療に専念してきました。本当によく考えて治療をしていただいています。ただ・・・・下記のような状態なので・・思い切って直るか直らないかわからない?「手術」を受けるべきか?このまま長期にわたりブロック注射と薬でごまかしていくべきか?それともほかの治療はあるのか?
③後遺障害の認定はどうなるのでしょうか?認定を受けることができるのか?
その場合手術をするほうがいいのか?しないほうがいいのか?・・・・・・

現在の状態
手足の縛れ、頭の痛み、首のこり、両手の握力低下、両腕と手の感覚が鈍い、排尿感覚が少し鈍い、うつ伏せになったら1分もしないうちに両手が痺れる、いすに座っていたら10分もすれば両足が縛れる、医師から後屈と捻転について禁止されている、スポーツ禁止、自動車事故を絶対しないよう指示、今後の将来はどうすればいいのか不安感増幅、仕事が思うようにいかない(運動制限があるため)不安感、などの心の不安と症状は残ったままです。時間の経過と治療のおかげで「継続的な手足のしびれ」よくなってきました。

主な治療内容(保険会社が認定ずみ)
①整形外科・麻酔科(ペイン)による治療 ペインは毎週1回・整形外科は2週間または1ヶ月に1回受診
・投薬内容 トラムセット・リリカ・ミオナール
・ブロック注射(硬膜外ブロック)毎週1回
・MRI撮影(医師は事故の影響で「頚椎の3番~8番」が椎間板による神経圧迫が進んだと判断(保険会社によるリサーチセンター担当者も2回来院。主治医の説明について納得。保険会社も認定)
・レントゲン撮影
・リハビリセンターによる各種検査
②接骨院(治療院)による治療 当初は1週間に4回程度、現在は週2回程度
・低周波治療
・マッサージ
・温熱パック・赤外線治療等 ほか
(ただし、頚椎・腰椎の牽引は主治医から禁止指示)
③マッサージ(治療室) 当初は毎日、現在は週2回程度
・マッサージ

治療期間は現在7ヶ月が経過しました。

補足3月末にチュービング(持続性硬膜外ブロック)のため15日間入院もしました。
現在の状態は左手の痺れが強く、側面と手の甲、小指、薬指、中指の動きが悪く感覚もおかしいです。
入院中に握力は左75kg→20kgへダウン。右70kg→23kgへダウン。
左腕と右腕の上腕部の太さは左がー4cm。右足太ももがー4cm。すべてリハビリーセンターにて測定しました。

閲覧数:
3,033
回答数:
6
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

編集あり2013/5/2100:17:40

今のうちに交通事故に詳しい弁護士に相談しておく方が良いと思います。
①至れり尽くせりな状況で治療の効果が出ているみたいなので継続と思います。
②麻痺の程度による為、何とも言えないですが狭窄が危険な状態で無くて、麻痺が以前より軽減されてるなら手術はしないで良いと思います。手術しても痺れは完治しないと思うので。脊柱管が狭いなら考えても。
③後遺症障害等級の認定はこれ以上治療しても症状が変わらないとなった時に残ってしまった症状に対して認定を受けるので、1番良いのは完治して症状が残らない事だと思います。
もし、症状固定して後遺症障害認定を受けるなら被害者請求した方が良いと思います。

補足読みました
手術しても痺れは残ると思いますよ。麻痺も完全には戻らないし。手術するなら後方弓切術ですよね。それは脊柱管を拡げる手術なんで、今現在の脊柱管が狭くなり圧迫があるなら圧迫を取除く意味では効果はありますが、神経はいったん傷ついて圧迫が長くされていたなら痺れは残ります。しかし、握力が最近おちたならブロックが影響してませんか?私が弁護士に相談しておいた方が良いのではと言う意味は、最後まで保険会社がまともな対応をしない可能性があるからです。症状固定をし後遺症等級が非該当とされ、理由にはリリカも副作用で痺れを出しますし、不安感が影響して治りが遅れている、心因性要素がある、因果関係が立証出来ない、など言われかねないのでです。ふざけてますが。事故直後から症状が出てないととか、事故直後から今の症状なら直ぐに手術するでしょとか、他人の不法行為で現状に追いやられた被害者に対し、簡単に首でもどこでも切りやがれ的な感覚で考えられているから、悪いなら直ぐに手術してるでしょ、今まで手術しないのは大丈夫だから、痛くないからでしょ、大した事ないからでしょみたいな他人事にしか考えられないんです。最近握力がとか日によりとか、不安感が増すとか、効果のない治療などしていたら後々揉めるかもと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tan********さん

2013/5/2211:06:21

症状固定ってどんな事か理解していますか?

症状固定って、これ以上治療しても改善の余地が無いということですよ
その判断は、医師でなければ出来ませんよ
症状固定されなければ、後遺障害の申請も出来ませんよ。

症状固定後の治療は、基本自費です。
相手側から、いつまでも治療費など支払いしてもらえません。

わからないことがあるのなら、医師や保険会社(相手側、あなた側とも)としっかり相談して下さい。

cri********さん

2013/5/1721:41:42

行政書士の資格だけで、交通事故の被害者から寄せられる相談にのって、自分の事務所へ誘導するのは犯罪ではありませんか。

gra********さん

2013/5/1713:46:54

私の場合自損事故でむち打ちになり、事故後3か月目に両手足のしびれを感じ始めました。
最初は首の牽引治療をしていましたが大きな効果がないため25年たった今でもしびれている状態です。
生活には支障を感じませんが、あなたの場合は相当の「重症」とお見受けいたします。
はっきり申し上げて治るかどうかはわからないといった段階だと思います。
現状より状態が良化しても「完治」には至らないのではないのでしょうか。
その状況で示談は絶対にしないほうが賢明です。
損害賠償なら億単位の金額でない限り応じてはいけません。
今後あなたが働けなくなり、老後死ぬまで完全看護ができる金額が出ない限りだめです。

tag********さん

2013/5/1710:46:20

後遺障害の認定申請をしたほうがいいです。保険会社は早く示談したいので頼まれごとは聞かない方がいいです。

tuk********さん

2013/5/1706:35:25

かなり強い痛み止めを飲んでおいでですね。
現在も苦しんでおられるのなら、症状の固定はするべきで無いと考えます。
もし「脳脊髄液減少症」を発症されているとしたら?(むち打ち後よくあるケースです)
これからも莫大な治療費がかかりますし、実費の負担分継続に関しては保険会社と交渉できますので、どうぞ気長に話し合いを続けてみて下さい。くれぐれもどうぞお大事に…

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる