ここから本文です

不動産登記法について 抵当権の利息の減額又は廃止の変更登記を申請する際、登...

j52********さん

2013/5/1911:26:04

不動産登記法について

抵当権の利息の減額又は廃止の変更登記を申請する際、登記上の利害関係人の承諾書(又はその者に対抗することができる裁判があったことを証する書面)の添付は任意です

か?
それとも、抵当権の債権額の減額変更と同様、一部抹消の実質を有する変更登記となり、承諾書等の添付を必須と考えるのでしょうか。

お手数ですが、教えてください。
よろしくお願い致します。

補足債権額の減額変更の場合は、一部抹消の実質を有するため、承諾書がなければ主登記であっても申請は受理されないのではないですか?

閲覧数:
149
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

たくぞうさん

2013/5/1918:06:05

第三者の承諾は必要でしょう。おっしゃるとおり,減額と同義のになりますから,債権価値が下がりますからね。

質問した人からのコメント

2013/5/19 18:50:20

ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

muk********さん

2013/5/1912:20:31

利息の変更も債権額の変更と同じですよ。
承諾があれば付記、なければ主登記。
だから承諾がなくても登記はできますよ。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる