ここから本文です

簿記3級の合格率の低さについて

beckerin5678さん

2007/2/1021:10:41

簿記3級の合格率の低さについて

今月、簿記3級の試験を受けようと思っています。
日商3級の試験合格率はだいたい毎回20~40%くらいですよね。

日商3級というと「簡単」「1週間勉強すれば受かる」みたいに言われているのを
聞いたのですが、↑のような合格率なのは何故なのでしょうか。

勉強すれば受かる、しなければ受からないというだけでしょうか?

閲覧数:
263,048
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

si_oponさん

2007/2/1100:21:24

「簡単か?」という質問ですが、合格した人間からすれば「簡単です」
しかも、分数や%の計算ができなかった、底辺校の高校生でも勉強をして、
いくつかの引っかけパターンを攻略すれば合格します。
が、私のところでは、試験前に1ヶ月以上かけてみっちりと対策勉強をさせています。
ちなみに、勉強していると思っていても、落ちる人は落ちますよ。
いくつかの要因がありますが、ここでは割愛します。

あと2週間ほどしかありませんので、過去問を見てみましょう。
「なんだ簡単だ」と思えれば簡単でしょうし、さっぱりわからなければそれはあなたにとって
「簡単」なことではありません。

ちなみに、欠席者を除いた実受験者数に対する合格者数なので、受験前に敵前逃亡する
ひとが20~20%いることに留意する必要があります。
もし本気であなたが合格を考えているのならば、この数日中に試験問題をやる必要が
あると思います。
さもないと、受験前に逃亡するか、不名誉な不合格者に入ってしまうでしょう。

ちなみに、それでも低い合格率についてですが、企業や学校で受検させるものが多いと思います。
普段は高校生の受検指導をしていますが、某企業の簿記研修をお手伝いしたことがあります。
企業の社員の方々は、それが給与に反映されるわかっているのに、勉強していませんでした。
巷で言われているように、「1週間で合格」できると言う言葉を、
大学時代の期末試験の勉強のように考えておられるようです。
ということで、その企業研修で、40分間過去問をさせてみました。
大概の社員はここで真っ青な顔になります。

資格試験ですから、学力のある方でも、ある程度対策しないとまず合格しないでしょう。
その企業の場合、数十人が新人研修で受験するのですが、
旧帝大出身や、国公立・トップ私立大学出身の社員が何度も落ちるのを見てきましたが、
こういう方々が合格率を下げているのだと思います。

1週間で合格するか?と言われれば、合格すると思います。
基本的なルールと仕訳パターン、および出題パターンを記憶すれば
合格点は取れますから。
ただし、その1週間の時間量と効率は人によって異なりますよ。

「簿記3級 合格率」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yamamochyさん

2007/2/1021:26:58

私も大学時代に試験を受けました。
専門の学部に所属していたからか、ほぼ過去の試験問題を
確認するだけで受かりました。
今、会社の中で能力開発として、さまざまな試験に
チャレンジすることが求められる状況から
専門外のかたも受験されることから合格率が低いのでしょう。

suntuethu210さん

2007/2/1021:26:00

商業系の学校の学生が団体で受験しているからです。
こういう人たちほど真面目に勉強していないんですよ。

kota1982ffさん

2007/2/1021:12:32

学校や職場で半強制的に受けている人が多いからでしょうね。

また「簡単」といいますが、「勉強すれば簡単」なので
勘違いして勉強しない人が多いんでしょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。