ここから本文です

道端やその他いろんな場所にあるごく普通の石ころ(自然石?)って、一体いつ頃に...

sak********さん

2013/5/2113:25:28

道端やその他いろんな場所にあるごく普通の石ころ(自然石?)って、一体いつ頃にできた物なんでしょうか(?_?)

閲覧数:
113
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

len********さん

2013/5/2114:38:57

いろいろです。
富士山の近くならここ1000年くらいの間に噴出した溶岩かもしれません。
秩父の長瀞や、四国の大歩危当たりなら、2億年前位に岩になったあとに思いっきり圧力がかかった岩かもしれません。
神奈川の三浦半島なら、数千万年前くらいに海に堆積した泥が岩になったものかもしれません。
カナダのハドソン湾の近くなら、10億年前位に出来た岩かも知れません。

岩というのは同じ原因で、同じ時にできたものではありません。いろいろな時代にいろいろな出来方をしています。

質問した人からのコメント

2013/5/21 20:32:40

驚く パッと見ではわかりませんが、その辺にごろごろしているものでもやはりかなり古い物のようですね(・・;
どうもありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる