ここから本文です

仏教について質問します。日本に伝わった仏教は、大乗仏教ですか? 上座部仏教...

gah********さん

2013/5/2200:04:30

仏教について質問します。日本に伝わった仏教は、大乗仏教ですか?

上座部仏教は伝わっているけど信者がすくないため目立たないだけでしょうか?

禅宗はどちらに分類されるでしょうか?

閲覧数:
242
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nak********さん

2013/5/2215:37:01

大乗仏教ですよ。

日本では、上座部系の仏教学の研究は南都で盛んに行われていたけれど、「仏教哲学の研究」が目的だっただけです。
チベットでも、上座部系アビダンマ教学は、大乗系の空の思想(中観派哲学)や唯識とともに、仏教学の基礎として修学されてます。

禅宗は中国が起源、唯識や如来蔵との関係が深いから、大乗系です。

もともと、日本の仏教は、天皇家と摂関家のための「国家宗教」だったから、個人の解脱を目指す上座部系の仏教は、伝来していたとしても定着することはなかったんでしょ。さらに、私度僧が増えて、僧侶の資格そのものを国家が管理してましたからね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

aks********さん

2013/5/2410:30:20

小乗仏教が日本に伝わったか?日本で展開できたか?シナを見ればすぐにわかります。
仏教を実践できるのは出家者だけ、「無余涅槃、想受滅、寂滅」志向、「普遍性、一般性」志向、「現在仏」の存在を認めない、等々。そんな教えを東アジアの「健全な凡夫」が受け入れるわけが無いでしょう。一部、頭でっかちの偏差値バカが理性的、知的興味を示すだけです。
シナとは違い明治になって「テーラワーダ」と称する「小乗仏教」に初めて(本格的に)触れた日本の仏教徒には、聖徳太子以来の日本の大乗仏教にたまった「垢」もあるでしょうから、最初は確かに「まぶしく」映ったでしょう。南アジアの仏教国に大きな志を持って留学する人もいたし、「南伝大蔵経」なんていう何十巻もある「パーリ仏典」の日本語訳まで作った。100年以上経って結果はどうです?
伝統的な日本の坐禅とか、念仏とかに依らず、「純粋に」小乗の「持戒」と「止観」で「大事を了畢」した人がいますか?「一生参学の大事、ここにおわりぬ!!」になった人がいますか?恥を知るべきです!!
現代では「ダンマパダ」や「スッタニパータ」の現代語訳は「南伝大蔵経」よりはるかに学術的に「精緻」なものに成ってるはずです。愛好者がいっぱいいますが当然、悟れません、ベクトルの向きが間違ってるんです、長さの不足ではありません。彼らが「本来の仏教」「正しい仏教」と思ってるパーリ仏典で悟れないとき、ベクトルの向きが違うと言うことを認めず、「悟り」のハードルを勝手に低くします、「悟り」とは「真理による自己完成」であるという、信じられないような「ご高説」に触れたことがあります。
そろそろ気づくべきです。
「禅」について、
私は「大乗仏教」は「個」、「事」、「現在仏」、「一期一会」の仏教。「小乗仏教」は「普遍、一般」、「理」、「法」、「永遠」の仏教。と思ってます。
浄土教や密教のような「仏」(現在仏)が禅には在りません、いかにも「法」の仏教なんですが、禅ほど「一期一会」「個」「人」(にん)を重視する仏教はありません。「通身眼」「遍身眼」の禅問答(碧巌録89則)でも解かります。禅における「現在仏」は「祖師」です。「現在仏」は「人」(にん)です。禅では「祖師禅」は「如来禅」を超えると言われます。シナ人には三十二相、八十種好の輝く「仏」より「祖師」「老師」そこいらの「凡夫」のほうが「切実」「端的」なんです。見事な「大乗仏教」だと思います。

JoJonさん

2013/5/2212:06:08

日本の仏教は、大乗仏教です。
しかし、インドの大乗仏教が中国に伝わって
道教、儒教の影響を受けて変貌し
さらに日本に渡って、神道と習合しましたから
インドの大乗仏教とは、大きく異なる様になっています。

禅宗は、大乗仏教に含まれます。

日本にも上座部仏教は、奈良時代に入ってきましたが
定着していません。
一部の僧侶が勉強する程度でした。

明治時代になって、ヨーロッパの学者が仏教を研究し
上座部仏教が見直されるようになって、
日本でも、初期の経典が研究されるようになりました。
しかし、それは学問としてであり、
信仰とか宗教という意味合いは少なかったと思います。

最近になって、テーラヴァーダ仏教という呼び名で、
上座部仏教の瞑想などを実践している人が増えています。
これは、スリランカのスマナサーラ長老の
布教によるものです。


では。

guu********さん

編集あり2013/5/2820:21:36

大半は大乗仏教です。

ただ、明治時代に南條文雄を初めとしてイギリス(明治のインドはイギリスの植民地)から上座部仏教を持ってこられた方はいます。

残念なことに学問上の伝来で、律宗はされませんでした。

昭和後期になって日本でも上座仏教は律宗されましたが、私の知る限りでは自分達が信仰しているのが上座部仏教と知らない方が多いようです。

あと、禅宗は中期大乗仏教で、法華経は初期大乗仏教に分類されます。

一言加筆するならば、上座仏教は原始仏教と戒律仏教に分類され、日本には戒律仏教はありません。

2013/5/2201:22:10

日本に伝わった仏教は初期としては推古天皇のころに伝わったのが法華経などのようですから大乗仏教でしょう。

禅宗はやってることは上座部仏教と変わらないのですが使っている経典が法華経など大乗仏教のものですから、大乗仏教に分類されています。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる