ここから本文です

囲炉裏の灰の中で作る謎の郷土料理

tsu********さん

2013/5/2516:42:58

囲炉裏の灰の中で作る謎の郷土料理

高齢の知人から聞いた話です。
その人が昔、長野県で訪問した先の家で食べたもが何というものなのか知りたいと
長野出身の私に聞いてきました。
長野県や愛知県で昔食べられていたそうなのですが、
どういったものなのかわからないので、ご存じの方がいましたら教えてください。

まず熱くなった囲炉裏の灰にのし棒が入るくらいの窪みをつけ、
そこに生地を流し込みます。
(うどん粉を水で練ったもののようだったと聞きましたが、生地の詳細は不明)
ある程度時間がたったら、生地の上にも灰をかぶせ、蒸し焼きにします。
出来上がったら、ポンポンと灰を落として、適当に切って食べるものです。

囲炉裏の灰の中で作るものとしては長野県のおやきが検索でヒットしてくるのですが
これは中にアンもないし、別物のようです。
ご飯というより、おやつのようです。

ご存じの方がいましたら、情報をください。

閲覧数:
453
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2013/5/2601:27:54

最初は南九州の「あくまき」を思い描いていましたが、(あくまきで検索してもらうといいかな)

長野と言うことなので「灰焼き餅」や「灰転がし」で探してもらえばいいと思います
下記サイトも参考にしてください
http://jiten.kurumaya-soba.com/sobamoti.htm

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる