ここから本文です

コンクリート打設打ち継ぎ位置は柱内法間の四分の一でないと問題があるのか。至急...

kni********さん

2013/5/2619:15:52

コンクリート打設打ち継ぎ位置は柱内法間の四分の一でないと問題があるのか。至急ですが教えていただけますか。

補足建物を平面または立面で考えた時のコンクリートの打継ぎ位置です。例えば部屋をいくつかに分けてあり連続している場合で最初の打継ぎのそれをどこでするかと言う意味です。一般にはモーメント応力が小さいところである四分の一で考えるのでしょうかということです。再度ですがよろしくお願いします。それほど違わなければ必ずしも四分の一のところにこだわらなくても良いのでしょうか。

この質問は、男性に回答をリクエストしました。

閲覧数:
23,000
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ffn********さん

リクエストマッチ

編集あり2013/5/2701:24:04

柱の高さ 何の構造物ですか 鉄筋があれば なんmmか? なんピツチ

型枠の種類? コンクリート打設で型枠を押される? 何にで コンクリート打設の時

パンクしないように 押さえていますか? BB、で打設?

鉄筋があれば 高周波バイブの用意は大丈夫ですか ポンプ車の用意するほど

の施工の構造物ですか この辺が 書かれていません ので回答は出来ません

そうなのですか スラブ天が基本ですが 外周から 打ち初め バイブを利かせ

逃げるように打設して 固まり過ぎない打ちに 継ぎ目をバイブを利かせれば

打設すれば ジョイントが 目立ちません 同じ高さで 統一です

作業は大変ですが 休まず 打設です 硬化速度だ早です この時期はね

注意ですね ジョーロなどで 水をかけ コンクリテンバ ヒビが入らないように

心がけて下さい 3分の1で施工した経験もあるます m3は 余分に 0,5m3~1m3位余分とりますょう

計算しても m3ですけど トンで来ます こんな 回答ですみません

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「柱と柱の間」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yub********さん

リクエストマッチ

2013/5/2719:21:33

コンクリートの打継位置は、原則的にせん断力が小さい位置に設けます。

**
柱、スラブの水平打継部であれば、施工上の都合もあり、その上端で打ち継ぐ。

**
梁、スラブの垂直打継部は、スパンの中央付近に設ける。

**
コンクリートは、設計の理屈の上では、引張力を負担しません。
よって、引張と圧縮の偶力である曲げ力についても、引張に関しては負担しません。

コンクリートが負担すべき力は、圧縮力とせん断力です。
(せん断は、鉄筋も負担するが、それは最終状態、壊れる時に期待するのであって、常時荷重、長期荷重下においては、RC構造では、せん断力はコンクリートだけでも耐えれるようにするのが原則。そうでないとコンクリートに常時荷重でせん断ひび割れが生じてしまう。)
ならば、弱点となるコンクリートの打継位置は、
せん断力が小さくなる位置に設けるのが合理的な考え方となります。

鉄筋の場合は、引張力を負担しますので、鉄筋の継手は引張力の無い位置や、常時圧縮力の作用する位置や、または引張力がなるべく小さい位置に設けます。
RC構造においては、鉄筋と、コンクリートは負担すべき力の種類が異なる(構造的な役割が異なる)ので、弱点となる継手位置も、その役割に応じて異なってきます。

柱を打ち継ぐ場合、
柱には常時圧縮力が作用しています。
また柱に作用するせん断力は、全長に渡りほぼ一定。なので、施工上の都合により、上端で打ち継ぐ。

梁を打ち継ぐ場合、長期荷重に対しては、中央付近のせん断力が最小となるので、特に長期のせん断を負担する部材である梁のコンクリート打継部は、スパンの中央付近い設ける。
スラブについてもスパンの中央付近がせんだん力が小さくなるので、梁と同じく中央付近がよい。となります。

**
鉄筋とコンクリートは、両者の力学的役割分担が異なるので、その継手位置も異なってきます。

長いだけで端的な回答ではありませんが、ご容赦を・・。

fx9********さん

2013/5/2708:11:18

水平打継のことですね。基本的には柱内法の四分の一の部分です。それが出来ない場合とか施工上難しい場合は、それに近い位置で打継ぐことはやむを得ません。ただしその場合は打継補強筋を増筋した方が良いと思います。

いずれにしても、このようなところで問い合わせる問題ではなく、設計図書の指示ががどうなっているのかよく確認してください。構造図の一般事項の図面、鉄筋工事の仕様書、特記仕様書に水平打継ぎについての要領が書かれているはずです。

判断が必要な場合は、必ず工事監理者と協議した上で決定してください。

ozi********さん

編集あり2013/5/2711:38:59

それは鉄筋継手の話と思います。
(応力小だから)
柱の打ち継ぎは柱天(=梁天、スラブ天)が基本。

補足)
柱の話と思ってましたが、梁、床なんでしょうか?
ならば、「スパンの中央付近」です。
考えると云うより、
共通仕様書に明記されていると思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる