ここから本文です

日本eリモデルの訪問販売で外壁塗装の工事契約をしました。 塗装材料は(株)ア...

koge_kuriさん

2013/5/2719:04:18

日本eリモデルの訪問販売で外壁塗装の工事契約をしました。
塗装材料は(株)アペティーのアトモスというセラミック系では最高峰で30年もつとHPに書かれてあるものです。
でも施工例が日

本eリモデルのHPにも載っていない、他の工務店などでは使用されていないなど、後から考えると不信に思う点がでてきました。普通に考えるとそんなに良い塗料なら他で使われていてもおかしくないのに…?と思います。
外壁塗装の実績を作るため広告費をへらしその分特別に安くしているということで価格は150m2で135万円です。信用してもよいのでしょうか?

閲覧数:
26,417
回答数:
5
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kujikoficeさん

2013/5/2720:51:18

まず本当の○○会社オリジナルペンキというのはほとんどないの。
ほとんどの会社のオリジナルペンキというのは営業力の弱いSKのペンキか水谷のペンキに「○○オリジナル塗料」ってラベルはってあるだけ。
ペンキというのは、ものすごい作るの大変なので、簡単には作れないの。

基本は日本ペイントか関西ペイントで塗るのが無難。10年後また塗るときにこの二社のペンキなら塗装屋に「日本ペイントの○○で塗りました」といえば、すぐわかるから大丈夫。ところがマニアックな塗料だと塗装屋も上に何をぬっていいか困っちゃう。

んでもってペンキの決め方だけど

ペンキは安いほうから順に
アクリル すぐはがれるので今ぬるひといない
ウレタン ほとんどこれ
シリコン 二番人気
フッソ 船とかでは人気あるが一般住宅では人気がない
の四ランク。

この四ランクの中で水性か油性か、一液か二液かにわかれる。

水性と油性は水でわるかシンナーでわるかだが、とっちも長所と短所があって業者によって水性になれて
いるか油性になれているかで差があるから業者にまかせる。

一液と二液の差は工場でまぜてあるか現場でまぜてあるかの差。二液のほうがもちがいいが
これも一液になれている業者と二液になれている業者があるから業者にまかせる。

水性か油性かとか一液とか二液とかは公共事業のような大規模工事では重要だが、一般住宅ではあまり
重要でないので業者に判断をまかせてよい。


んでもって光触媒(光の力で汚れをおとす)とかランデックスコート(超耐久)とか遮熱とかセラミック(もちがいいらしい)
ハナコレクション(嫌なにおいがしない)っていうのは塗料への付加効果

つまりアクリルかウレタンかシリコンかフッソかを決めたあとに塗料への付加効果をきめるんだ。

だけど、付加効果というのは、あまり結果がでてないのよ。光触媒は南面はいいけど、北面はだめ、ランデックスコートはモルタル面やサイディング面は20年もつかもしれないけど、木部と鉄部は10年もたないので、結局10年目に足場くんで木部と鉄部ぬることになっちゃう。遮熱については、家の中の温暖はあくまでガラスが最重要で、次に屋根や壁の下の空気層。表面の塗料だけだとどうにもならない。セラミックは効果があるのかないのかいまだはっきりしない。メーカーは効果あるっていうけど、実務だとあまりよくわからない部分がある。ハナコレクションは匂いがしないけど、匂いで近所迷惑になるってことはないよ。油性塗料で1週間くらいだもん。それよりも現場で職人がガヤガヤ騒がないとかのほうがずっとご近所には大切。

面積については150平米で135メートルってことだけど、それなら普通だけど、この業界は掛け率というのがあって、実際の面積に1,3とか1,5とか掛けるわけ。会社によっては2とかかけるところもあるから注意だね。

広告費うんぬんはセールストークなので相手にするな。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tonmomo1219さん

2013/5/2910:37:50

家にも昨日来たのでネットで調べました。
もともと関西eリモデルという会社だったみたいですが、評判はあまりよろしくないようです。
以下参照
http://okwave.jp/qa/q7716678.html
http://ameblo.jp/rbos/entry-10153696424.html

そもそも名前をなぜ変えたのかが怪しく思います…。

kuromomo3636さん

2013/5/2821:24:37

訪問販売でもしっかりしているところはしっかりしてるよ。訪問販売は…ってのは昔の話だと思います。今は大分ましになっている見たいですよ。30年って言うのは、少し疑問だけど、厚吹きのセラミックなら安いと思いますを

nyaa_chngさん

2013/5/2810:17:50

本当に30年もつ塗料なんか今はねーよ。30年後でも塗膜のかけらは残ってるかもしれねーけど、塗装としては終わってる状態よ。10年ごとにクリヤー吹くとかしなけりゃもって20年、早けりゃ15年前にアウトだぜ。
広告費を減らして特別安くするってのは営業上のウソってことが多い。まあ信用しないことだ。
訪問販売なら、クーリングオフ出来るかもしれねーよ。急げ

hytenbugutyさん

2013/5/2721:33:31

もう契約してしまわれたので、すこしだけ。

セラミック系といわれる石材調塗料などは自然石や貝殻の粉末などを含んでいます。これら無機材料は数十年たっても劣化は少ないでしょう。石は何百年たっても石ですし、陶器や貝殻は遺跡の中からも分解されずに出土します。 ですが、それらの成分を繋ぎ止めて塗膜を形成しているのは樹脂ですので、耐久性はこの樹脂の性能によって左右されると私は思っています。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。