ここから本文です

立ち席特急券や自由席特急券で空いてる席に乗れる区間の、東北・秋田新幹線…ドイツ...

mt_********さん

2013/5/2812:00:22

立ち席特急券や自由席特急券で空いてる席に乗れる区間の、東北・秋田新幹線…ドイツのようなシステムは採用できないのですか?

ドイツでは、特急・急行列車に、自由席車両とか指定席車両の区分はなく、予約すると予約区間が席の上に掲示され、その区間は指定席、それ以外の区間は誰が座ってもかまわない、というシステムになっています。

ところが、盛岡~秋田こまち号とか、盛岡~新青森はやて号は、そんなシステムはありませんね。
JRとしては、指定席客に迷惑がかかろうが、自由席に「指定席券を買わない奴へ嫌がらせ」をすることによって指定席料金分の増収を図ることを優先しているんですか?となると、ドイツの鉄道より性格が悪い鉄道会社といとうことになってきますが。

それとも、ドイツの鉄道のようなシステムを導入する技術がないのですか? 車掌はどの席で指定席をとってるか分かる端末持ってますよね。その情報を全座席に表示するくらい技術的にはできそうなものですが、そんなん客にとっては良くてもJRにとってはコストがかかるだけで銭が減るだけだから、やらないだけでしょうかね?

補足この局面でドイツと日本のお国柄の違いは、関係ありますかね?

ドイツなら、どの列車でどの区間でも、速達列車でそれができる。
ほかのことでドイツと並ぶハイテク国家の日本が、それができない事情なんかあるんですかねぇ~
ドイツの車両より、窮屈…あ、いや、座席数が多い訳ですから、余計に車掌や客の手間より、情報技術を使うことの効果は、むしろドイツよりあると思うんですけど。

日本の鉄道のネガティブな部分に触れたくない肩なら、「お国柄」というところで片付けたいところかもしれませんが…
あ、ドイツの鉄道のほうが寛容で、日本の鉄道のほうがケチ。これがお国柄かな?
でも、ゲルマン民族は、わりとケチだけどな。

閲覧数:
915
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

kin********さん

2013/5/2814:24:13

ドイツ方式どうのこうのより、盛岡以北(こまち、はやて、はやぶさとも)2両程度を自由席に変える制度とすれば問題ないのに、と以前から思っています。
東京から仙台や盛岡までの乗客は多いですから、2両くらい盛岡以北自由席にしても問題なさそうですが。
お盆や正月等の繁忙期は混乱するので全区間指定でもやむを得ないと思いますが、
盛岡以南の乗客は盛岡以北自由席となる車両に優先的に割り当てるようにすれば問題ないですし。

以前は途中駅から(まで)自由席となる列車も多かったですが、最近はあまり見かけないですね。
強いて言えば「あけぼの」のうち1両が一部区間ヒルネとなるためその車両のB寝台は上野~羽後本荘でしか発売しない制度二近いですね。

まぁ何にせよJR東日本の「指定席誘導政策」でしょう。
上りはともかく、誰も指定券で乗ってこないと思い込んでいた盛岡以北でも自分の席に指定券をもった他の客が来ましたからね。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ja_********さん

2013/5/2918:09:41

ケチではないと思います。
簡単に言ってしますと、「トラブル防止」なのです。
列車名を付けているのは、あくまでも「乗客のための案内」であって、
鉄道会社自体は、「列車番号」か「運用番号」のどちらかしかしていないはずです。
(例:はやぶさ1号=1B,こまち31号=3031B/3031M)
新幹線の場合はいい例で、「番号が若いのが速達列車」というルールがあります。
あと、ウィキペディアで調べてみたのですが、基本的には日本もそういった制度になっているようですよ。
ただ、チェック体制が日本のほうが厳しくしており、
それは同じ座席番号の切符を持った人が2人いないようにするようにしたり、
Schönes Wochenende Ticket
だって、日本では「青春18きっぷ」として発売もしています。
あと、日本は「日本国有鉄道」がいままで保有していましたが、
結果的に赤字が続き、このままでは破たんする恐れが出たため、
JR(各旅客・貨物鉄道株式会社)として、株式を保有し、民営化に至っています。
ただし、新幹線の建設に関しては、国の外郭団体が建設し、運行管理がJRでやっているので、
並行在来線に関しては、沿線自治体とJRとで協議しなさいという法律まであります。
あと、自動改札機を使っての検札もしています。
きちんと、調べて議論していますか?
ただ単に「隣の芝は青い」みたいなことになっていませんか?

kma********さん

2013/5/2816:14:38

日本とドイツの違いとしては駅に改札があるかないか、検札で切符が無い時の対応・国際列車の有無もあると思います
→検札時ヨーロッパだと即犯罪者扱いになるみたいですからね(ネット上での情報のみですが)、日本は全席指定席で席が埋まっているという状況でなければ足りない区間を支払ってそのまま乗車できますけど
(田沢湖線【秋田新幹線】は無人駅から秋田新幹線に乗り換える人もいるでしょう【普通の本数は少ないし県境越えはほとんど無いので】)
調べるとドイツでも全席指定の列車は国際列車で存在するみたいですが見間違えてるんでしょうか?

日本の場合車両全体で指定席か自由席かをはっきり分けて運用しそれが定着しているのも理由かもしれません
→指定席はあるけど指定席車両が無いって事は立ち客も一緒にいるという事なので自由席車両で席を予約できるという意味でいいんですよね?これを定着させるくらいなら利用客も対東京・仙台と比べれば少ないし指定席車両に例外的に立ち乗りもできる特定特急券制度でいいやという事かもしれません、指定席車両と区別する利点は「立ち客がいない」という空間を買う行為に近いです
※盛岡以北は一部自由席車両にするか、例外的に指定席車両に立ち乗りを許可するか、どちらを選ぶかとなって後者になったんでしょう、対東京で考えると特急の基本料金である指定席にしておかないとつらい距離ですからね

c11********さん

2013/5/2814:44:57

ドイツの鉄道は見るべきところは多い。
英語標記が増えれば、移動しやすい鉄道網のひとつかもしれない。
路面電車含めて。
サッカー場から、郊外の自宅まで乗り換えなしのシステムは、すごいと思う。


さて、システムだけど、日本人は分けないと無理ですね。

例えば東京から名古屋まで、座ってる席に名古屋から、その席の指定券をもった客がきて、すんなりどくかどうか。

道路事情からもドイツの規則正しさは、表れていて、日本では真似できないでしょう。

人に対する考え方が違ってるようにも思えます。

日本の寝台は、一区間でも売れれば、再販しませんが、空いたらドンドンほかの客に再販する国は珍しくないです。

mam********さん

2013/5/2814:02:34

ここは日本
世界の鉄道輸送人員の半数近くは日本の鉄道が運んでいる
日本は列車の本数が大過ぎるので細かいことまでやっちゃおれん

ajo********さん

編集あり2013/5/2912:37:35

確かにコストがかかる問題ではあると思いますし、ほかの方もおっしゃるようにお国柄というのもからんでくると思います。

韓国のKTX、通勤列車以外の列車もやはり指定席車、自由席車の区別がありません。
よって立席券を持っている人は空席に着席可能です。
車掌は座席指定データを持っておりますので、抜き打ちで検札が可能です。

ただ、そのシステムにも問題があります。
韓国では立席券しかもっていない老人が、席の主が来ても居座ったままで、車掌が注意しても、車掌も老人より年下になるため、言うことを聞いてくれない、というトラブルがままあるようです。
韓国の特殊性を差し引いても、何らかのトラブルになりそうなものを残すのはどうかと思うのですが。


補足拝見
「指定席」というのは、席が確実に確保されてこその指定席だと思います。
先の韓国の老人のケースは極端な例だとしても(それでも韓国では結構ある話ですが…)、空席に立席券を持った客が坐って、指定券を持った客が現れたらゴネて居座られるなんてケースもないとは言い切れません。
指定席を買った者が馬鹿を見るようなことをなるべく回避しようということになるのでは?

ケチどうこうではなく、客同士の要らぬトラブルを回避するために行っているのだと思いますが。


追伸

他の方がおっしゃる
>>人に対する考え方が違ってるようにも思えます。
に同感です。

その国の鉄道(サービス業)はやはりその国の人々の考え方が反映されるわけでしょうから。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる