ここから本文です

浄化槽管理士の問題です。次の問題の(1)~(5)を解説してください。よろしくお...

yok********さん

2013/6/214:59:43

浄化槽管理士の問題です。次の問題の(1)~(5)を解説してください。よろしくお願いします。


浄化槽の使用実態とそれに対応した管理技術に関する記述のうち、最も適当なものはどれか。
(1)水深1.5m程度の接触曝気槽では、曝気強度を0.5㎥/(㎥・時)程度に維持すれば、槽内の攪拌は十分に行うことができる。
(2)流入汚水の時間変動が大きいい場合には、沈殿分離槽に蓄積するスカムや汚泥が多くなる傾向がある。
(3)汚水量が計画水量より著しく多い場合でも、流量調整槽内の移送用ポンプの最大能力で24時間以内に移送できる範囲であれば、処理水質に影響をあたえない。
(4)散水ろ床方式において流入BOD負荷が過大な場合、通気量を多くすることにより対応できる。
(5)曝気槽に対するBOD負荷が計画値より低い場合、硝化が進んで処理水のBODが高い値を示すことがある。

閲覧数:
796
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fyt********さん

2013/6/220:22:26

正解は(5)だろうけど、解説は難しいな。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

せっかくの機会が台無しです

みんなのアンテナ

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる