ここから本文です

定期預金のセールスについてに質問です。 今年の4月から地元の銀行で働いてい...

ao_toririnさん

2013/6/600:27:29

定期預金のセールスについてに質問です。

今年の4月から地元の銀行で働いています。
6月になり、初めてノルマを課せられることになりました。

銀行員としてはノルマは付き物だと勿論考

えてはいましたが、いざ課せられた何百万と言うまだ慣れない多額の金額に怖じ気づいてしまっています。

身内にお願いしようにも、県外に住んでいたり定期預金を作る程金銭的に余裕が無かったりとあまり頼ることは出来ません。

又、私は後方事務をしていますので、電話でのセールスしか定期預金獲得の手段は今のところないのかなと思っています。

そこで質問なのですが、定期預金の電話セールスを行うにあたって何か心得ておいた方が良いことや、商品によるとは思うのですが良い売り文句など教えていただきたいです。

自分の職場でも電話セールスのことについて学ぶ機会はあるのですが、色々な意見を参考にして頑張っていきたいと思っています。

最後になりましたが、支離滅裂な文書で申し訳ないです。もしよろしければ回答をお願いします。

閲覧数:
13,894
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hiro_yamaconさん

2013/6/1108:20:13

元・銀行員です。私も預金セールスから始まり、投資運用勧誘、融資の売り込み、果ては企業買収の提案までありとあらゆるものを売り込みしてきました。でも、基本はやっぱり最初にやった営業の経験ですね。

まず、定期預金はその名の通り、一定期間預金をお預かりするわけですから、「固定客」を掴むための重要な商品です。
普通預金など流動性預金はいつ流出するかわからないので、長期間、銀行に置いて頂けるご預金というのは、大変有難い商品です。

通常、地方銀行は貸出金よりも預金が上回る「預金超過」状態にあります。そのため、預金軽視の傾向があり、預金者の預金をせっせと投資信託などへシフトさせる銀行もありますが、由々しき問題です。
預金は銀行にとって信頼のバロメーターです。一件一件、丁寧に取り扱っていきましょう。

さて、前置きが長くなりましたが本題です。
預金セールスはとにかく数を当たることです。投資信託や保険商品の様にこれといった特色があるわけではないので、たくさんの人に勧誘をすることです。
私の経験上、電話セールスや飛込み営業の成功率は3%程度でした。つまり、100件当たって3件成約といった所です。
きっと、あなたの手元には見込み先のリストがあると思いますので、目標の数値を3%として、100%の見込み先リストを準備することです。

あなたの銀行の先輩やマニュアルでも数々のセールス話法が用意されていると思いますが、丸暗記の台詞を言ったところで、お客様の心には響きません。
営業のスタイル、話法は経験則と比例します。最初の内は、なかなか上手に話ができないかも知れませんが、少しずつ確実に話法は上達していきますので、話を聞いていただける感謝の気持ちと、預金をお預かりできる喜びを自分なりに伝えてみてください。

何か精神論の様になってしまいましたが、とにかくテクニックに走らず、自分なりにシナリオを作って電話をしてみてはどうでしょう?

銀行に入って初めての営業となるでしょうが、これから長い銀行員生活、たくさんのセールスをしていくことになります。
あきらめず、誠意を持って頑張ってください!一生懸命やった仕事にムダはないですよ!!

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

職業とキャリア

職業

  • この仕事教えて
Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。