ここから本文です

恋愛対象の合理的な選び方とは?

scopio9_raven_zeroさん

2013/6/818:28:50

恋愛対象の合理的な選び方とは?

長文ですが、最後まで読んで頂けると嬉しいです^^;

(↓以前似たような質問をしたので、もしよろしければ上→下の順でご覧ください^^)
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1210683263...
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1410704475...


今回の命題は、「恋愛対象の合理的な選び方とは」というものです。
(今回は、二次元などに対する一方的な愛ではなく、こちらの世界における双方的なものを対象とします。)

昨今、「離婚」や「DV」など、様々な問題が多発している背景には、恋愛対象の「選び方」を、間違ってしまっている事実が存在しているように感じます。

では、どのように相手を選べば(または選ばなければ)よいのでしょうか。

私個人としましては、上記した過去の質問にもありますように、「理想の相手(その知性が尊敬に値する人物)が現れるまでひたすら待つ」という考えですが、これでは、余程運がよくなければ、まず死ぬまでに巡り会えないでしょう。
知り合うのがある程度若い頃でなければいけないともなれば尚更です。

では、「フィーリング」や「直感」など、信憑性の薄い感覚に任せて決定するべきでしょうか。
しかし、この方法は確実性が薄く、こちらがどれほど努力しようと、言わばうまくいくかどうかは「運任せ」となってしまい、数年で破局、などと言うことも大いに考えられます。
これを繰り返せば、結局は時間と労力と金銭の無駄遣いとなってしまい、結果、後悔することでしょう。
この方法は、言わば「リスクが大きい割に見返りの安定しないギャンブル」のようなもので、堅実な人間ならばまず選ばないでしょう。

ならば、忍耐や寛容さなどの徳を最大限発揮し、相手の美質に関わらずに決定するべきでしょうか。
ですが、この方法では、極端に言えば「相手は誰でも良い」となってしまうだけでなく、相手が矯正不可能なほどに魯鈍な人物であった場合、こちらも道連れに転がり落ち続け、最後にはやはり後悔が残るでしょう。
そもそも、未来の人生の伴侶を、そのような単純すぎる方法で決定しまうのもどうかと思われます。


となれば、やはり、「美徳」を備えた、あるいはその見込みのある異性が現れるまで待ち、現れなければ潔く諦める、といった態度が望ましいように感じるのですが、もし、どなたかもっと合理的で確実な方法をご存知の方がいましたら、是非ご教授ください^^

補足ええと、やはり質問は全文を読んで頂かないと色々と趣旨を勘違いされてしまうのかもしれませんね^^;

特に、i_pay_san様、「強さ、賢さ、優しさ」などの「徳」の鍛錬は、恋愛云々以前に、人生の大前提ですので、私に言わせれば全く今更なご意見です。^^;
(私の格率の半分はストア派のそれなのですw)

今回の命題は、あくまで「どう選ぶか」なのをお忘れなく^^;

また、愛情は二次元三次元問わず、妄想ではなく活動ですよ^^

選び方,恋愛対象,フィーリング,美質,運任せ,恋愛,ソクラテス

閲覧数:
605
回答数:
9
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2013/6/821:13:33

失礼だが、あなたのご質問を愉快に思いがら拝読させていただきました。
何が愉快かと言えば、やはり恋愛、結婚という非合理な世界を自己の頭脳でもって、判断、分別、決定しようという。そこに、おかしみを覚えました。しかも、あなたは恋愛の対象を合理的に選別しようと願いながら、アンチノミーに陥り逆にますます昏迷の度を加えていらっしゃる。なんとも、愉快じゃありませんか。
想うに、なぜあなたがそのような恋愛に対する合理的考えを持つに到ったのか。それは、きっとあなたがいまだ恋愛の炎に呑まれるに到らなかった。そういう体験を有さなかったからではないだろうか。身を焦がすほどの愛欲の炎に燃えさかる。別の言い方をすればそれほどの相手がいまだ現れていない。もしくは現れていたとしても、あなたの方が臆病風を吹かせ尻込みをして身を引いた。
そのあたりが真相ではないでしょうか。
かって芥川龍之介は、恋愛とは性欲の詩的表現に過ぎないと言い切っています。つまり、恋愛、結婚の根底には愛欲、情欲という非合理な命の炎が燃えさかっているというのです。そして、ここが肝心な点ですが、愛欲、情欲の炎というものは獣のように激しいものかも知れないが、同時に相手を愛(いと)おしく思う情をも兼ねそなえている。そこが恋愛において、危うく人間を人間たらしめている所以と言えるかも知れない。理屈抜きに相手を愛おしく想う。それが恋愛というものの優れた特徴と言えましょう。
ともあれ古来、我が国では男女が出会い、そして結婚に至るのは「縁のもの」と言ってきました。例えば、理想的な人が現れお互い好きになったとしても、それで必ずしも結婚に至るとは限らない。縁がなければ、さまざまな障害が現れ二人の仲が裂かれることになる。極端な言い方をすれば、婚姻というものの底にはそういった人知を超えた働きが介在していると言うのです。このことは、年を経ると解ります。縁というものには実に不思議なところがあるのです。
なに、大丈夫ですよ。原始以来、恋愛の数は掃いて捨てるほどにある。それでも人類は生をつないできた。私はどちらかと言えばあなたに、分別の目を閉じ、大胆に恋愛に立ち向かっていかれむことを希望します。

質問した人からのコメント

2013/6/14 23:30:52

成功 皆様ご回答ありがとうございました^^

今回も相当悩みましたが、皆様の意見をまとめますと、「恋愛はアンチノミーを孕む」、という意見に集約されると考え、miyamaemomoko様をBAとさせて頂きました^^

やはり恋愛は経験論的性質を持つわけですね・・・

しかし、こう考えて行くと、いつか話は「恋愛の価値」にまで遡行してしまいそうですね^^;

いや、それすらも経験論なのかw

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

bainiao56さん

編集あり2013/6/1305:23:12

恋愛対象の合理的な選び方?

まずこの言葉自体に正直違和感を感じましたね。
自分の場合は選ぶも何もある日突然予期せぬ形でそれは
現れるものだったですから。ああいうタイプがずっと好きだ
と思っていたのに、こういうタイプもいいもんだなというのが
恋愛にはあるのじゃないか。そしてこういうことは私だけで
はないのではないか。

あなたの話には何か現実離れしたようなものがあると思いま
した。

また賛成とか反対とかは思いませんが、恋愛と結婚の対象
というものを切り分けて考えている男女は昨今非常に多い
ですよ。

yuky_oaさん

編集あり2013/6/1205:29:16

最初は、冗談かと思っていたら、本気なんですね~

「結婚相手を、合理的に選択する法」・・・何のために?=幸せな結婚生活を送るため!ですか?

もし、そういう方法が在ったとして、結婚相談所で、その方法で「貴方にピッタリの相手が見つかりました」って、言われたら、すんなり=結婚するんですか?
今は、そうでも、「その条件」が、いつまで続くか、分からないくらい、人生には、事故もあれば、病気もある、その相手が豹変するかもしれない。=若年性痴呆症もある。
また、自分が成るかもしれない。=貴方のこれからの人生で、悪いことは「絶対にない!」のですか?病気にもなりませんか?事故にもあいませんか?

その「答え」は、貴方自身にありました。

『「自分の描く理想の人生」を生きて死んでいける人間は、全体の1%にも満たないでしょう。しかし、今自分の抱いている「理想」が、本当に「幸福」な人生とは限りません。そして、人間が本質的に望むのは、「理想」ではなく「幸福」なのだと思います。

例えば、大きな病気にかかってしまっても、苦しい闘病生活を続ける中で精神的に成長し、一度も大きな病気にかかったことのない人間よりも充実した人生を送れるようになるかもしれません。
大きな悩みや苦しみを抱え、貧乏だったとしても、その中で懸命に生きていくことで、より深く他人の痛みを理解し、他者との確かな絆を育める人間に成長できるかもしれません。
それは、お金に汲々とし、機械の便利さに慣れ、心の内面を耕そうとしない人間よりも、確実に幸福な生き方と言えるでしょう。

まとめますと、今考えている「理想の人生」にならなくても、それは当然仕方のないことです。しかし、状況に関わらず、常に前向きに精一杯生きていくならば、「幸福な人生」であることは、誰しも可能なのではないでしょうか。』

答えは出てますね。
では、結論を申し上げます。
そういう方法が=在ったとしても、無意味です。・・・先のことは、神のみぞ、知る。です。
では、もし、先のことまで、見通した方法があるなら、「神」になっているでしょう。キリスト以上の・・・

貴方の【戒め】
「常識に囚われずに「考える」ことが必要だろう。=時に、常識も真なり。

・吟味を欠いた生活は生きるに値しない。
(ソクラテス)
その妻クサンティッペは、尿瓶の尿をソクラテスに頭から浴びせた!愚妻で有名、知ってますよね?
彼ほどの人間が、何故、クサンティッペを選んだのでしょう?
「吟味を欠いた」のです。?

・人を苦悩させるのは、事柄そのものではなく、むしろそれに関する人の判断なのである。
(エピクテトス)
人間に判断できるものと、できないものがあることを知ることです。恋愛は、生き物です。

・暑さ寒さに苦しんだ者でなければ、人間の価値なんかわかりようがない。
(ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ)
恋愛も同じです。死ぬほど好きになることです。理屈じゃない。

そんなことは、貴方も分かっていることじゃないですか?

ということは、そんなモノは=無い!のです。
在っても=無意味です!

言えることは、二人の最大公約数を探し、貴方の最低必要条件を満たしているか?それだけです。
間違っても、十分条件を求めてはいけない。

でしょう。?!

ame_roujinさん

2013/6/908:50:48

これは結婚対象の選び方とすべきでは?
方法は、交際中の接し方に偽りを用いない事だと思いますよ。
将来的に自分が受け入れられない要素を抱えたまま結婚すると後悔すると思いますよ。
ケンカの原因になるようなタブーがあればフタを閉めずにガツガツ開けていけば結婚相手のフィルターを掛けられると思います。

※恋愛対象の選び方となると誰でも良いと思いますね。交際する前に対した選定材料など取得できようもないですから。

i_pay_sanさん

編集あり2013/6/910:02:05

元・恋愛相談カテゴリマスターであり、現実世界で「ダビデ」と呼ばれる「伝説」の男が回答します。

この質問は、女性がしたのかと思いましたよ(笑)。


女性に尊敬される男を目指しなさい。

強く、賢く、なにより優しく。


さもなくば、二次元で妄想していなさい(笑)。


補足
私の挑発にキレませんでしたね(笑)。

私の恋愛観では、男が選ぶのではなく、男は選ばれる側なんです。

「シンデレラ物語」が恋愛の「作法」を端的に表しています。シンデレラは王子様に選ばれているようですが、シンデレラが王子様主催の舞踏会に参加したんです。そしてガラスの靴を落として王子様に追わせ、王子様をテストした。

それに対し「かぐや姫」は選ぶことなく、一方的に求婚されました。

女性にとってどちらがよいかは、結末でわかります。

つまり、男は女性に選ばれて試される立場なんです。尊敬できるような女性に選ばれる男になるには、強さ賢さを相手に捧げられるだけの器を持たなければなりません。

選ばれる方法……

容姿を磨きなさい。「雰囲気がある」と女性に評され、「見ると結婚したくなる」と言わしめる男に。それは、単純なものではなく、表情や仕草にあらわれる非言語コミュニケーションを含めた、内面の表現です。

王子様はシンデレラをどうやって選んだか?これも容姿です。私の恋愛対象は全て「美人」で、その美しさは内面を表出させたものでした。

↓これが「活動」です。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1410397627...
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1310532415...

あなたが「美人」に選ばれる幸運を祈ります。

twesgiさん

編集あり2013/6/902:20:53

合理的な選び方なんてないよ。対象なんてダレでもいーよ(*^^*)

補足 ボクの回答は全文とリンク先を読んでの回答だよ。なんで読んでないって決めつけんの?

で、どー選ぶかは回答してるよーに「ダレでもいー」だよ。ボク実際にそれで選んでるもん(*^^*)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。