ここから本文です

どうして会社での電話対応は 「身内に敬称を付けない」 のですか?

ric********さん

2013/6/1007:15:37

どうして会社での電話対応は
「身内に敬称を付けない」
のですか?

**************

「○○さんはいらっしゃいますか?」と相手に聞かれた場合、貴方は社内の人間に対して「○○さんは、今外出しております。」と言ってはいけません。

それが貴方の上司だったとしても、会社の身内として、外の人に話す時は「○○は、今外出しております。」と呼び捨てにしましょう。
*************
というのがマナーだそうですけど
どうして身内に敬称をつけてはいけないのですか?
いったい誰が決めたのですか?
別につけたっていいじゃないですか?
「・・・さんが」と言ったら相手が不快に思うのですか?

閲覧数:
4,634
回答数:
6
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chi********さん

2013/6/1616:52:19

敬語は文法というよりマナーです。
マナーとは、言葉においてでも食事においてでも、相手にストレスを与えないこと、です。

身内に敬称をつけるのは、それが言葉の意味として是か非かではなく、
相手にストレスを与える場合が多いので、避けるべきなのです。

食事における箸の使い方(例えば「迷い箸」など)も、相手にストレスを与えるので、するべきではないのです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

cho********さん

2013/6/1111:52:30

この頃はどんな人でもネットに好き勝手なことを書き込めますし、巷にはいかがわしい「マナー」講師が氾濫していますから、却って紛らわしいのですが、言葉や作法と云うものは、例えば文法とか理屈とかではなく、身近なお手本を自身のセンスで取捨選択しながら体得するものだと思います。
あなたの率直な疑問も、実は近世までは正しかったようです。話題の対象が常に尊敬語となる絶対敬語(朝鮮語は今でもそうであるらしいのですが)から、相手によって謙譲語に変わる相対敬語に変遷したと云う経緯があるからです。

只、対外的に身内のことを述べる場合は自分自身を述べるのと同様に謙譲表現をする、これが現行ルールですから、そつなく対応するのであれば、そのルールに従うと云うことです。相手に違和感を持たれて、その場の円滑なコミュニケーションが滞っては、それこそ支障が出て来るでしょう。持論は兎も角、まずルールに従う、それがマナーの基本だと思いませんか。

因みに、今でも例外と言えるものもあります。学校の先生など、他の教職員が呼び捨てにすることはありません。いくら校長でも、生徒に向かって、「担任の田中は・・・」とは言いません。「田中先生が・・・」と言わなければ、生徒はびっくりするでしょう。生徒、あるいは父兄の目線でものを言う訳ですね。病院でもそうです。看護師が「吉田に診察させます。」などと医師を呼び捨てにしたら、患者はきっと「この医者、大丈夫かな」と動揺するでしょう。病院のスタッフも、患者の不安な気持ちに寄り添い、患者の目線、立場でものを言わなければなりません。個々の教師や医師の人間性の是非などの問題はさておき、それぞれの位置関係によって、絶対敬語が生きている場もあると云うことです。

iku********さん

2013/6/1019:38:35

>別につけたっていいじゃないですか?
つけてるところもありますよ、そういうところはムカつきますよ。
例えば、病院で医師に診断書を書いてもらうようお願いしたら
看護師が「○○先生はお忙しいのでお手すきの時に書いていただきます」
「できましたらこちらからお電話しますので取りに来てください」とぬかしやがる。
厳密にいうと医師と看護師は雇用主が別々なので身内とは言えないとしても
それにしても腹が立つ。

ですのでくれぐれも電話応対では身内のことをへりくだって言ってくださいね。
理由は何であれ、誰が決めたのであれ、こちらがへりくだれば
相対的に相手を持ち上げることになりますから、相手はまんざらでもないはずです。

ssi********さん

2013/6/1012:06:15

日本の文化のひとつに、「所属を区別する」があります。「内と外を、分別する」です。
家族と隣人、同郷とよそ者、日本人と異邦人、チームメイトと対戦相手など。

更に、「へりくだる」の文化もあります。「つまらないものですが」「うちの愚妻です、愚息です」など。
へりくだりには、「恥の文化」と「顔に泥を塗る」などがあり、「相手を立てる」が美徳です。相手を立てるために、自分を低く見せる。相手の会社を立てるために、自分の会社の誰ひとりとして、「あなたと同等の敬称を付けません」になります。

会社内の役職は敬称の代わりに使われます。それも加味すると、もっとややこしい。

文化は、様々な雰囲気が、微妙に、密接に関わっていますので、上記のように明確に「こんな理由だから」では語れません。相反する事象もあるので、理由が不明瞭でも「要するに、なぜか、そうなっている」と思って下さい。
社会はなぜか、スムースに生活できる道具として、「よくわからないけれど、役割を演じる」を求めているようです。無論、社会の全員が求めているのではなく、人によっては、自社の者に「さん」を付けるのを好ましく(または、微笑ましく)思う人もいるでしょう。

なお、アメリカでは、会社の内外のどちらにも、「ミスター」などを冠するそうです。
日本で、親の逝去は「死んだ」と表現するのに、祖父母なら「亡くなった」にするようです。親は身内で、祖父母は外の人なのか? ややこしい。
(ssiq160)

mih********さん

編集あり2013/6/1008:07:06

>貴方は社内の人間に対して「○○さんは、今外出しております。」と
>言ってはいけません。

敬語の謙譲語のために、身内に敬称は付けません。
マナーというより、日本語の敬語です。

敬語・謙譲語など、くわしく説明が必要なら日本語カテで質問すると
くわしい回答が得られるでしょう。

miz********さん

2013/6/1007:28:23

言ってもいいけど貴方が電話の相手に「こいつ敬語のできない奴だな。こいつの会社は社員教育しないのか?取引すんのやめたほうがいいかもね」って思われるだけです。
決まり事やルールに対し疑問を持つべきではありません。
「何故青信号で渡らなければいけないんですか?いつ誰が決めたんですか?赤信号で渡ってもいいじゃないですか!」
って言うわけですか?

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる