ここから本文です

宅建の問題について質問です。建築基準法の問題です。

mrb********さん

2013/6/1017:03:36

宅建の問題について質問です。建築基準法の問題です。

鉄骨2階建て、各階の床面積が100㎡の診療所用に供する建築物の建築について正誤を答えよ。

①当該用途の建築物は、特定行政庁の許可がなくても、第一種低層住居専用地域に建築可能。
②当該建築物の1階部分を店舗に用途変更するとき、建築主事の確認は不要。
③建築主は、検査済証の交付前には、いかなる場合も、仮にこれを使用することはできない。


わかる方、簡単でもいいので、理由を添えてお答え頂くとありがたいです。

閲覧数:
384
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

non********さん

編集あり2013/6/1111:08:47


診療所は、全ての地域で建築可能(建築基準法別表第2)


用途変更をして100㎡を超え特殊建築物となる場合も、建築確認が必要
なので、1階部分だけでは100㎡ちょうどなので不要(建築基準法87条)


特殊建築物又は大規模建築物の建築工事で、検査済証の交付前は、仮使用の承認を受けた時か、完了届を出してから7日を経過するまでは、仮使用はできない。(建築基準法7条の6)


間違ってたらごめんなさい

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2013/6/1017:18:59

参考書などを見ずに気合いで答えてあげる❣
なので間違ってても文句なしね❣

①第一種低層では、併用住宅の店舗部分に関し全体の面積の2分の1かつ50㎡の以下でなければ建築不可。
そもそも診療所が不可ではなかったかな?まぁいずれにせよ答えは✕!

②用途の変更は確認が必要なので✕!!

③宅建に絶対は存在しないと爺ちゃんに習ったので✕!!!例外は必ずあるっつ!!!!(まれに無いのもあるけどw)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる