ここから本文です

弁護人選任に関する通知及び照会 が来ました

kkk********さん

2013/6/1522:04:41

弁護人選任に関する通知及び照会 が来ました

親族が交通死亡事故をおこし 警察 検察の取り調べも終わり (拘置はされていません)

弁護人選任に関する通知及び照会 が来ました
1私選弁護人を選ぶ
2貧困その他の理由により・・・・・国選弁護人の選任を請求する
3私選弁護人を選任せず また 国選弁護人も請求しない その場合国選弁護人が付く

当人は 貯蓄が 300万円程度あるのですが この場合 私選弁護人を 選択しなければならないのでしょうか
3の 私選も国選も請求しないを 選んだばあい 国選弁護人が付くと思われますが 心象を悪くしないでしょうか
罰金等 保険外のご遺族へ線香代 を考えて 国選弁護人にしたいのですが

補足ありがとう ございました
起訴 有罪は 免れない事故なので (9対1??)
3番の 私選弁護人 を選任せず 国選弁護人も請求しないを 選択
※裁判所へ行って ここのところを 質問してきたそうですが
イマイチ よく わからなかったそうですが。。 3番で 受理されたようです

閲覧数:
1,336
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bea********さん

2013/6/1523:15:43

こんにちは。

国選弁護士を選んだ場合、資力申告書を提出しますが、その時に50万円を超えれば国選弁護人は付けれません。

さらに最近では、交通事故のような軽い事案の場合、あまり国選弁護人を頼むことは少ないようです。
それは、私選弁護人は逮捕直後から付けれますが、国選弁護人は罪状が警備の場合「起訴後」でしかつけられないということです。

つまり、国選弁護人を付けた時点で「起訴されている」ということです。
社会人としては、軽微な事件の場合、絶対に不起訴(起訴猶予)にしてもらいたいところです、もし有罪になってしまったら前科一犯で、
社会的に終わってしまうことは絶対に避けたいです。

また私選弁護人なら、早い時期から被害者への対応も行えるので、示談も早くできて後の裁判も有利です。
実際私の知人も早いうちに弁護人に対応してもらったため、示談も早く進み、交通事故で、おばあさんを轢き殺してしまいましたが、刑務所に行かずに済みました。

出来るだけ早く私選弁護士にお願いすることを強く推奨します。

ただし、逆に、もう起訴→有罪→懲役が免れないような事件なら、国選でも構わないかもしれません。

http://motmot.bz/which/

kkkkkkkk1111111122222223333

質問した人からのコメント

2013/6/17 16:13:52

ありがとうございました

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる