ここから本文です

株式の配当についての質問です。

lav********さん

2013/6/1602:03:40

株式の配当についての質問です。

質問 1

毎年、9月と3月の26日に多くの上場企業の配当権利取り最終日を迎えて
翌27日に配当権利落ち日になり、前日終値から配当額を差し引かれます

例 A社株 9月26日大引け株価 1000円- 中間配当50円 =9月27日基準値株価 950円


これって仮にA社株が今の配当のまま ずっと市場で取引がない状態になってしまった場合
(そんなことは稀だと思いますが)

毎年9月と3月に50円づつ引かれ続けて最終的に10年後の3月に0円になることもあり得るでしょうか?

(常識的に考えれば1株100円の株に年配100円の配当なんてありえないと思いますが・・)


質問 2

よく投資家さんで配当利回りを重視で配当分を再投資して複利の利回りを期待するという人がいらっしゃいますが
配当を貰うごとに株価から配当分を差し引かれるシステムではタコが自分の足を切って配ってるだけで複利効果の実現は難しいのではないかと思うのです。

アメリカなど海外の株式配当のシステムも権利落ちで配当分を差し引かれるシステムなのでしょうか?

閲覧数:
330
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bok********さん

2013/6/1607:18:18

①株式の配当は、株価とは関係なく、基本的に当期未処分利益が源泉です。これは、前期の繰越利益と当期の利益を合算したものです。これから配当や役員賞与を出して、また繰り越してゆくわけです。当期利益から配当にどれだけ出すかは、配当性向というのを公表している会社もよくあります。
赤字が連続すればタコ足配当になりますが、上場企業には許されていません。無配になります。また、未上場企業では100%配当をよく見かけます。利益を資本に繰り入れていないだけで、決してあり得ないことではありません。
②配当分を再投資してというのは、配当利回りの逆数以上の株数を持っていないと無理です。株価が1000円で年間配当が2%としますと50株となりますが、税金等を引かれて端数になります。一般的には投信では1円でも買えるので、累積投資という形で少額分配金の再投資をします。この場合は複利効果がでます。

質問した人からのコメント

2013/6/17 00:34:16

降参 配当は株価とは関係ないのですね。
毎回配当権利落ち毎に株価が下がるので必ず配当分は引かれるものと勘違いしておりました。

それなら配当分の再投資で複利が期待できるのも納得できます。
どうもありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

the********さん

2013/6/1606:01:32

配当金は会社の利益から出ているのであって、投資信託の特別分配みたいに株価から引かれているのではないですよ。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる