ここから本文です

労災について教えて下さい。現在建設業の事務をしております。当社は比較的2次・3...

bre********さん

2013/6/1813:54:53

労災について教えて下さい。現在建設業の事務をしております。当社は比較的2次・3次下請業者となります。当社自体も労災に加入しております。

労災について教えて下さい。現在建設業の事務をしております。当社は比較的2次・3次下請業者となります。もちろん当社自体も労災に加入しております。先日作業員が現場にて自分の不注意により事故を起こしてしまいました。どんな状態にせよ現場で起きた事故は現場の労災が適用されるのが当然なのも承知なのですが、よっぽど大きな事故でない限り2次・3次下請業者にはまだまだ現場労災を適用してもらう事が難しい状況でして・・・怪我に関しては上乗せ保険で対応し、休業補償、代替作業員費等々従業員1人が怪我をすると会社としても大きな損害となります。
せめて従業員に対しては自分のとこで労災処理が出来ないのかと事故があるたび思います。

何か良い方法があれば教えていただきたいです。

閲覧数:
514
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kot********さん

2013/6/2022:27:19

近年、軽微なケガ(翌日休まなくても良いもの)に関しても傷病報告をあげるよう現場も変わってきているよう感じます。特に大手ゼネコンは、たくさんの人が出入りしていますので労災隠しは割と広がります。
安全対策は非常に経営者責任を問われ、下請けに対して災防協以外にも勉強会や下請け独自の安全大会の強化や提出書類が多くなってきました。しかし、職人の安全意識をいくら高めても人間ですから事故は起こります。限りなくゼロに近づける努力をさせ、それでも起こった事故に対しては報告をし改善策を現場全体で考える。弊社は下請け99%ですが、安全対策に力を入れている会社と適当な会社(労災隠しの常習犯)ときっちり分かれます。
事故を起こした後の元請の事情(点数減点、入札の制限など?)は詳しく分かりませんが、あなた自身の問題ではなく会社としてどう取り組むかにかかっていると思いますよ!

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ケンペスさん

2013/6/1919:19:47

>自分のとこで労災処理が出来ないのか?

労災の法律(労働保険の保険料の徴収等に関する法律第8条)が改正されない限り、無理な相談です。

建設業界では「労災隠し」が昔から行われていて、労働局では重要な取組み課題として毎年のように対策を講じています。

労災隠しが発覚したときには、元請け下請け問わずほとんどの場合検察へ送致され、送致されれば確実に有罪となります。(このような場合での労働基準監督署の証拠調べは徹底しています。監督署は警察と同様に逮捕権もあるのです)

労災隠しとは、元請けの労災で処理をせずに自社で補償してしまうことではなく、労働安全衛生法で使用者に義務付けられた「労働者死傷病報告」を故意に提出しない、あるいは虚偽の報告をすることを言います。
けがをした労働者に補償を行っているからよいというものではありません。

また、労災保険は無過失保険(使用者には過失が認められない、労働者の不注意などが原因となる事故であっても過失相殺されずに給付される)という性格なので、
>自分の不注意により事故を起こして
という認識は改めた方がよいです。

会社の指示や教育が不徹底であったがゆえに労働者に怪我をさせてしまったという意識にあれば、うちの会社は働く者の身になって考えてくれると、社員のモチベーションも上がり、ゆくゆくは御社の発展にも繋がっていくものと思います。

仕事でケガをしたのに嘘の報告を出させる、労災にもしてくれないとなれば、誰が安心して働けるでしょうか。。

この質問は、何か良い脱法行為があれば教えてと聞いているに等しいですよ。

もし一事務員である相談者さんが、労災のことで上司からなんとかできないのかなどと責められているのであれば、今後もこの会社で働き続けるのかどうか、じっくり考えられた方がよいと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる