ここから本文です

熱い炎天下に車(日産マーチ)を停めておくと、エンジンがかかりません。 セルが...

tik********さん

2013/6/1922:37:26

熱い炎天下に車(日産マーチ)を停めておくと、エンジンがかかりません。
セルがロックされたように、全然まわりません。
朝、夜、雨(気温の低い日)等は、スムーズにかかります。
バッテリーがかなり古くなっているの

で、暑さでバッテリーの電気系統に異常が出て、エンジンがかからなくなったのでは?と思うのですが、ディーラーに修理の相談をすると、バッテリーではなく、セルの経年劣化によるものだと思うので、シリンダーごと交換しないといけないとの事です。(費用は5万円超) ちなみに、年式は古い(11年位前)のですが、走行距離は、4万キロ弱です。
ディーラーの言うように、経年劣化であるなら、気温の低い時にスムーズにかかるのが不思議なのですが、この様な場合、どの様な原因が考えられますか?

閲覧数:
503
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

もぐみ~さん

2013/6/1923:55:11

それは、セルのマグネット スイッチだと 思います。 そこの部品だけ 単品で 交換出来ます。 ディーラーじゃなく 車のエアコンを修理する 電装屋さんの方が 安いです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

aw1********さん

2013/6/2622:54:12

炎天下に止めるとかからない>これ、間違いないでしょうか?
偶然かも知れません。

普通、セルは4万kmでは壊れません。

貴方が思うように、バッテリーではないでしょうか?
電圧が出ていても、電流が出ていない事が有ります。
(乾電池8個繋いで12Vでも、セルは回りません)
走行後、すぐにかけようとすると、エンジンによるバッテリーの高温化や電動ファンの回転などで、セルは回りません。
(この時、オートエアコンもONなんて、論外ですよ!熱ければエアコンもフルに動こうとします)
取り敢えず、古くなっているという事なので、バッテリーを換えてみましょう。
(どうせ、それほど保ちませんから)

私の場合は炎天下ではなく、停車後すぐに動かそうとするとダメでしたが、バッテリー交換で解決しましたよ。

jr1********さん

2013/6/1923:19:55

電気ケーブルが熱を持つと、電気抵抗が増します。
古くて劣化した電気ケーブルは、もともと抵抗が増しているのですが、さらに気温が高いと抵抗が増加し、同じ電圧をかけた際に流れる電流が少なくなります。
つまり、気温が高くケーブルが熱くなると、バッテリーからスターターモーターに流れる電流が不足する可能性があります。
それでも、さらにセルを回すと、さらにケーブルが熱を持って余計に抵抗が増すために、エンジンがかからなくなるものと思われます。
スターターモーター自身が劣化している可能性もありますが、スターターモーターだけを新品に交換しても、症状が改善されない可能性は高いです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる