ここから本文です

大学病院での「助教」や「講師」とは、何ですか?

makigami_kawaiiyoさん

2013/6/2809:04:46

大学病院での「助教」や「講師」とは、何ですか?

閲覧数:
69,162
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kyokyoageさん

編集あり2013/6/2810:44:10

大学の医学部も、他の学部と同じく研究・教育機関ですから、
教授>准教授>(講師)>助教のピラミッド型の構造になっており、これらの職位を持つ人たちは大学教員です。

医学部では基礎医学系の研究室と臨床医学系の研究室に分かれていて、臨床医学系の研究室は「医局」と呼ばれ、「研究室としての顔」と「大学病院での診療科としての顔」という、2つの顔を持っているのです。

たとえば、大学病院の中に『循環器内科』という診療科があり、一方で大学病院のすぐとなりの研究棟に行けば『循環器内科学』という医局があります。医学部の大学教員は、医師として、患者さんを診察・治療し、同時に研究や学生さんたちに対する教育をするわけです。

ただ、薬学部・工学部・理学部など他の学部と大きく違う点があります。
例を挙げると、上記の「非医学部」では、○○研究室に教授1人、准教授1人、助教1人 (or 2人) くらいがいるのに対して、医学部の医局では教授1人 (2人)、准教授2人 (3人)、講師3人、助教4人だったりします。
年齢的に若いのは、当然、助教や講師なのですが、この先生たちは、必ずしも「自分は大学に残り、出世していつか大学教授にまでなるんだ! アカデミックの世界で生きるんだ!」と考えているわけではありません。
そのうち民間の病院に転職するつもりだけど、とりあえず大学病院に残っている、という先生もいます。これらの先生たちにとって助教や講師の職位を与えられることは「役付きになって、給料がアップする」くらいの感覚のようです。

また、非医学部であれば、博士号をもっていなければ、まず「助教」になることはできません。
しかし、医学部という世界では、大学院進学 (博士課程進学) した医師に対して、まだ博士号をもっていないのに「助教」の職位を与える場合もあります。博士課程に進学 (在籍) している医師なら誰にでも与える、というわけではなく、ある程度年齢を重ねていて、医師としての経歴が長い先生に与えているようですが。

また、医学部が他の学部と異なる点は、「臨床教授」、「臨床准教授」など独特の職位があることでしょうか。

質問した人からのコメント

2013/7/4 18:07:46

大学病院に通っていて、先生方とも懇意にしてるので相関図が浮かび、とてもよくわかりました。
有難うございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

2013/6/2810:16:49

医学部の学生に助教や講師として教えるのです。患者から見た医師としての役割は、助教だから講師だからって特に変わるものではありません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。