ここから本文です

よく料理の感想などで『コクがある』と言いますが、『コク』には漢字があるんでし...

mik********さん

2013/6/2815:18:43

よく料理の感想などで『コクがある』と言いますが、『コク』には漢字があるんでしょうか?

閲覧数:
13,982
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2013/6/2913:48:37

「コクのある酒」ともよくいいますが、この「コク」は穀物からきていたようです。

漢字では、「酷」と書きます。中国で穀物の熟したことを表した語が、「酷」です。

深みのある濃い味わいを表現するときに使われる言葉です。

http://kotoba.livedoor.biz/archives/30669934.html

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「コク 漢字」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2013/7/122:44:06

ない。「酷」と「濃く」をかけたものだからである。

2013/6/3023:03:37

「コク」

漢字による表記もあることはありますが、かなで表記するのが一般的です。

あえて、漢字で表記するのなら「酷」「濃」です。

「酷」は、現代では、①むごい、きびしい②程度がひどいという意味ですが、「酷」という字はもともと酒のアルコール度がひどいことを表す字だったのです。そこから、「酷」という字は、酒の度が強い、香りが強いという意味を表すようになったのですが、現代の人が「酷のある酒」のように使うことは極めてまれです。

もうひとつの「濃」は、「こ(濃)し」の連用形「こく」が名詞化したものと考えられています。

濃厚な旨みを表現するのなら、「濃がある」という表記でもよいとは思いますが、「濃」を「コク」と読んでもらえない可能性も考えなくてはなりません。

そうすると、「コクがある」はかなで表記するのが一番かな、と。

yuy********さん

2013/6/2815:41:42

濃厚な旨味、の意味で 濃を使います。

濃のある日本酒。

hir********さん

2013/6/2815:30:51

残酷の酷と同じ文字です。
舌をきつくしめつけるような強い酒をあらわす「酷」が、
深みのある濃い味わいの意味に用いられるようになったそうです。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる