ここから本文です

破産法について質問です。 破産手続終結決定の、破産債権者に対する効果は、破...

kan********さん

2013/7/717:40:30

破産法について質問です。

破産手続終結決定の、破産債権者に対する効果は、破産者が個人であって新得財産がある場合はどうなるのですか?

閲覧数:
436
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sam********さん

編集あり2013/7/723:18:21

新得財産といいますのは、破産者が破産手続開始後に得た財産(破産法34条)であり、破産手続との関係では、自由財産になります。
ですから、破産手続終結決定に関する効果といっても、そもそも破産者の自由財産なのですから、関係ありません。
そして、個人の破産者が免責許可決定を受けられれば、破産債権者は、自由財産に強制執行できませんから、免責許可決定を受けた破産者は、新得財産をそのまま保有できるということになります。
もし、破産者が免責許可決定を受けられなければ、破産債権者は、破産手続終結後に確定した破産債権に基づいて、破産者の自由財産に強制執行することが可能であり、その債務者が再度破産となった場合、今度は、破産財団として取り扱われるというだけのことです。

質問した人からのコメント

2013/7/9 02:36:43

有難うございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる