ここから本文です

江戸時代の女性の髪型について つい最近ドラマ大奥を見たくなり 昔の安達祐...

uny********さん

2013/7/1600:02:03

江戸時代の女性の髪型について

つい最近ドラマ大奥を見たくなり

昔の安達祐実さんや菅野美穂さんが出演しているのや藤原紀香さんや小池栄子さんの出演しているのを全部見ましたっ

そし

て気になったのが大奥の人達の髪型です

最初は自分の好みで結ってるんだろうとおもってたのですが、もちろんそれもあるかもしれませんが地位によって違いますよね?

もちろん御代様と女中とは違うと思いますし

そして気になったのが、京都から奥入りしたお姫様はみんなひな人形のお雛様っぽい?結いかたをしている気がしましたっ

あれは京都の女性の結いかたなのでしょうか?

江戸の女性と京都の女性と、地域によってもまた結いかたが違うんでしょうか?

色々と調べて見たのですがよく分かりませんでした

詳しい方がいましたら色々と教えてくださいっ宜しくお願いします

閲覧数:
4,286
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2013/7/1622:36:21

あなたがごらんになったのは、フジの大奥ですね。



安達祐実が演じる和宮は、天皇の妹君です。
あのお雛様スタイルは当時の最上級の地位の女性の髪形です。

当時政治的理由で、将軍家は公家から輿入れさせるのが習わしでした。ステイタスでもあったみたいです。
ですからおつきの人も京から来たわけですから、和宮に近い髪形でした。女中ではなく、かなりの身分で信頼を寄せていた身の回りのお世話をするおつきの人たちです。

藤原紀香演じる御代も身分の非常に高いお姫さまでしたが、和宮はランクが違うのです。



ドラマでは、いやいや江戸にお輿入れされ、最初は努力して協調してみせます。
そのうち、意地悪な姑らのいびりに耐えかね、全て御所風に戻してしまうのですよね。


ですから、はじめお輿入れの際は御所(お雛様)風で、御代さまとなってからは江戸風の髪形を。そして、キレてまた京の御所スタイルに戻します。

それから何やかやとあり、また江戸風に戻しましたね。
ドラマの話ですけど。
髪形で当時の和宮の心情が面白いほどよくわかりましたね。


菅野美穂演じるはあの篤姫です。
本来の史実では、野際陽子演じる姑より、菅野美穂演じる篤姫と和宮との嫁姑戦争が持ち上げられているようですね。

江戸時代は女性の髪形はいろいろあって、


時代劇でもさまざまな髪形で、その時代背景よりも、私たちのイメージを優先させたドラマもあります。

江戸初期の春日局などは、本来後ろで結わえていただけのようですが、ほとんどのドラマで花嫁衣装のカツラのようにしっかり結ってたりします。


髪形とは面白いところに着眼しましたね。

質問した人からのコメント

2013/7/19 11:52:35

笑う なるほど!やっぱり京スタイルでもあり和宮はランクが最上級なのですねっ。

でもやっぱりドラマなので視聴者向けに製作されてるので忠実に再現されてるわけではないですもんねっ

それにしてもドラマの中の着物や髪型は綺麗だなあと思いますっ

雅やかってこう言うことを言うんでしょうねっ

ご丁寧に教えていただいてありがとうございますっ

皆様アホな私にも分かりやすい解答ありがとうございますっ

楽しくて勉強になりましたっ

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mug********さん

2013/7/1600:46:03

江戸後期の女性の髪形

下の図 上から

「おまた返し」・・・将軍の御台所が妊娠5ヶ月目の御着帯の儀以前に結う髪型。櫛・笄とも鼈甲

「吹輪(ふきわ)」・・・武家の姫の髪型。前髪には姫挿しという大きな髪飾りをつけ、髷にも前髪にも簪を挿した。

「ついぶち」・・・公家の姫の髪型 髷は島田、髱(たぼ)は薄く固めた椎茸髱。髪飾りは銀の平打簪以外は鼈甲。

「片はずし」・・・御殿女中などの普段の髪型。正式の場では垂髪であったが、笄1本で仮結いしたもの。

江戸後期の女性の髪形

下の図 上から...

プロフィール画像

カテゴリマスター

exh********さん

2013/7/1600:22:02

ドラマ未見のため、作中で、どの女優さんが何の役をしていたか判らないのですが、大まかに「地位(未婚/既婚の違いも含む)」により異なり、武家と公家とで分かれ、一部の女性で京都(皇室など)から来た場合に、従来の姿を踏襲することがあるため、ここでも差異ができます。

また、ドラマが、どの辺りの時代を舞台としていたかにもよります。「大奥」といっても、史実の中で存在していた期間が長いため、時期ごとに主流となっていた髪型が異なるからです。
細部はともかくとして、基本的な形は、個人の好みで好き勝手をすることは許されませんでした。身分に応じて、対応する髪型にするのが常識であったためです(むしろ、いくつかの決まった型はあるものの、一般庶民の方が流行などで工夫はしやすいです)。

御台所である女性だけは「尾長」という特別な形に結うことになっています。最終的に御台所となる女性であっても、祝言の儀式までは未婚女性の髪型をしています。
それ以下の女性たちは、個々の立場にあった髪型に結います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる