ここから本文です

贈与税について。

sho********さん

2013/7/1807:12:43

贈与税について。

4月に新築購入しました。
その際、2500万円を主人の父(74歳)から借りて
残り1000万円を主人が20年の住宅ローンを組みました。

借用書などは書いておらず、この場合は贈与になるのでしょうか??
贈与税などのHPを見ても訳が分からず・・・。

贈与になると贈与税がかなりかかるというのはなんとなく分かるのですが・・・
2500万までは贈与税がかかならい?みたいな内容をどこかで見た覚えがあるのですか
これはどのような場合なのでしょうか?
その場合、自分から申告等する必要があるのでしょうか?
それとも今からでも借用書を書いたほうが良いのでしょうか?

贈与税に関するHPを見ても理解が出来ないので
どなたか分かりやすく教えて下さい。。。
よろしくお願いします。

補足主人に聞いたところ、借入金額は2000万でした。借用書は先日作成したようです。
内容は「元金均等払い」「年利1%」返済金額は子供が大学を卒業迄は月1万円、卒業後から月8万円、
「繰り上げ返済も認める」という内容ですがこれで大丈夫ですか?
主人の年収は1000万程で、住宅ローンの返済額は約45,000円です。

閲覧数:
5,757
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

qne********さん

2013/7/1807:29:48

借用書がないと贈与とみなされるのではないでしょうか。その場合、住宅取得目的であるため、700万円の非課税枠を差し引いた1800万円に贈与税がかかると思います。税額は620万円ですかね。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kai********さん

編集あり2013/7/2116:46:58

20年ローンを組んだ上に親へ毎月定額を返済できますか?
余裕があるときに返しますは、税務署には通用しません。
身内から借りたは、結局もらったと同義語になりますよね。

ということで、お父さんとご主人でその辺をもう一度話を詰めなおして、
とりあえず贈与でよいのかを決めたほうがいいかと思います。

贈与で話がまとまったら申告は自分でしなければなりませんので
難しいと感じたら税理士に相談してください。
非課税になる制度など説明をしてくれるでしょう。

借入だというのであれば借用書を作成して
毎月お父さんの通帳に返済をするようにしてください。

補足見ました
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/shotok...
金銭を低利で借り入れた時の贈与税の対象となる経済的利益について書かれています。

年収から見ても十分返済能力はあるでしょうが、
問題があるとすれば金利と借入期間ですかね。

銀行借り入れと同程度の金利であれば問題ないのですが。。。
ただ、贈与の対象となるのは2000万で金利差2%としても
年40万が贈与税の対象。
これだけであれば贈与税はかかりませんが。。。
ちなみに利息を受け取るお父様はほかの所得がある場合、
確定申告に利息分を合わせて申告しなければなりません。

後は貸付期間、
借入期間は何年になりますか?
最初から月8万返済しても20年、
今回はそれ以上になりますよね。
お父様の年齢を考えても返済が終わるかどうか、
返し終わる気がないのであれば贈与と変わらない、
と、税務署が言うかどうかは正直わかりません。
その場合争うことにはなるかと。。。

プロフィール画像

カテゴリマスター

jta********さん

編集あり2013/7/2111:11:16

家の登記は、すべてご主人名義ですか?
ご主人名義 100%であるとして、

その場合、2500万円を借りたならば、
借用書を作成し(公正証書にするとよいです)
その通り返済をしないとなりません。
お父さまも貸した、 ご主人も借りた それできちんと返すが必要です。
この場合は、贈与にはなりません。

2500円を貰ったならば、

2つの税制をつかうことになるでしょう。
1つめは、直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税で、
贈与税の申告は必要ですが、1200万(優良) 叉は 700万(一般)まで
贈与税がかかりません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4508.htm

2つめは、相続時精算課税制度の利用です。
これは、 上の制度を使っても、まだ 贈与税がかかる場合
超えた分を 相続の前借とでもいいましょうか
贈与は今しますが、 贈与税は、一旦保留し、実際に相続になった時に
税を計算しましょう というものです。
この場合2500万までは、とりあえず税は払いません。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4504.htm

補足へ 大丈夫かどうか判断する立場にいないので、大丈夫とも
大丈夫でない ともいえません。

2000万の1%って 約年20万の金利 月1万の返済 年約12万
利息の方が返済額を上回ってます。
通常、そういう条件でお金を貸してくれる人はいないのでは?

結局 税務署が 贈与と疑うかどうかです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる