ここから本文です

選挙で大負けしても自分らの反省の弁より 勝った方への批判の言葉の方が多いとい...

bai********さん

2013/7/2222:10:43

選挙で大負けしても自分らの反省の弁より
勝った方への批判の言葉の方が多いという
のは、政治としては仕方がないことなのでし
ょうか?

閲覧数:
102
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

map********さん

2013/7/2222:48:24

仕方がありません。

政治は第一党にならなければならないという宿命がありますから、
後々、「それ見たことか!」を足掛かりに第一党を目指す、ないし少数ながらもキャスティングを握ろうとするものです。

そもそも、代表を選ぶ政治は約束と信用が大切です。
勝った方には何を約束したかをはっきりさせる必要があります。

大敗した方にも同じことが言えます。
出来ないことを約束した場合、期待させたぶんその代償は倍返しとなります。

反省の弁……。
実権を握っていない人の話に興味があるのはその組織のファンだけです。
と言う実情もあるのでこちらに伝わりづらいという事もあります。
色々仕方がありません。

質問した人からのコメント

2013/7/23 06:00:32

テレビに出ていた何某新聞論説主幹の方が言って
ましたが、今回は、とにかく民主党にだけは入れない
と言っていた人が大変多かったそうです。
期待を裏切ったということの反動なんでしょうね。

ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

eta********さん

2013/7/2301:06:07

それでは責任ある政権与党になる資格はなくなります。

批判ばかりの歴代政党は、必ず縮小し崩壊したりその寸前でウロチョロしているだけで、民主党政権では間違って連立与党になってしまっただけです。
民主党や旧社会党のイメージしかありませんが、批判のための批判で、対案はあったとしても非現実的で事態を好転させるだけの説得力を持ちません。民主党は選挙のたびに議席数を減らし、現在の社民党のような風前の灯状態が、近い将来の姿でしょう。
55年体制と呼ばれた時代は去り、小党乱立の現在、連携できる政党同士が、自民党と手を結んだり離れたりしながらの均衡でしか、安定与党に対抗できる術はありません。憲法改正はまだですが、通常の政権運営には自公だけで十分成立しますので、失点しないように注意すれば、数年間は波乱はありません。

n_m********さん

2013/7/2222:36:44

今回は多かったですね~
はっきり見苦しいだけに思いました、次回は無いヒトばっかりそんな傾向があったようで。


「次への確固たる姿勢」を持っているか、今回でもう終わり、によって違うような。
負け犬の戯言って・・・

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる